IHクッキングヒーター修理・交換の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

IHクッキングヒーター修理・交換の無料見積りはコチラ

いつの時代も家計を預かる主婦にとって「これを温めるのにガスと電気、どっちがお得なの?」というのは、一つの不滅のテーマだと思います。

 

昔はあっさりガスに軍配が上がっていたものも、電気を使った方がメリットがあるケースが続々と増えてきました。その最たるものがIHクッキングヒーターではないかと思います。

 

そもそも筆者がこのIHクッキングヒーターを調理の場に導入したきっかけはプロパンガスによるガス代を少しでも抑えようという思いからでした。

 

当初は卓上ヒーターを補助的なツールとして購入したのですが、思った以上に火力もよく、安全で掃除も楽でしたので、その後引っ越しを経てプロパンガスから都市ガスに変わった後も、ビルトインタイプを愛用しています。

 

IHクッキングヒーターとはどういうもので、何がメリットなのか?その魅力と基本的なことをお伝えしたいと思います。

 

IHクッキングヒーターの購入を検討中の方、取り付けが面倒なのではとご心配の方、その他諸々IHクッキングヒーターについてお知りになりたい方必見です!

そもそもIHクッキングヒーターってなに?


IHクッキングヒーターは、ガスではなく電気で加熱するもの。そもそもどういう原理なの?

メーカーも日立、パナソニックどっちがいいのと疑問に思う方もいらっしゃると思います。

 

ここでは「ちょっと難しいけど、仕組みが分かれば納得!」のIHクッキングヒーターの基礎情報をお伝えいたします。

その原理は?

IH調理器の「IH」とは「induction heating」の略であり、これを訳すと「誘導加熱」となります。ヒーター内部に配置されるコイルから流れる電流が、鍋やフライパンなどの調理器具を自己発熱させることによって中のものを温める仕組みになっています。

 

コイルから発生した電磁線が鍋底を通過する際に、うず電流となり、その電気抵抗で鍋自体が発熱するのです。火を使わずに、しかも効率よく加熱が出来るのがIHクッキングヒーターなのです。

そのメリット

IHクッキングヒーターを使用する上でのメリットは沢山あるのですが、その中でも人気の理由になっているものをいくつかお伝えします!

安全性

メリットとして挙げられるのは、第1にその安全性ではないでしょうか。

 

加熱の際にいわゆる「燃焼」を伴わないため、人体に有害な窒素酸化物も発生しないので空気を汚すことなく、火災の原因になることも少ないです。高齢の方に多い、着衣への引火事故の心配もありません。

掃除が楽

安全性ならIHヒーター以外の電気コンロでも変わらないのですが、盤面がフラットなため掃除をするのが格段に楽です。グリルも受け皿だけ外して、簡単にお手入れ出来ます。

ハイパワーでスピーディー

鍋やフライパンなどの調理器具を自己発熱させるため、熱効率は83%と高くなっており、その分の電気代のロスが少なくて済みます。ムダなくスピーディーに加熱してくれるんですね。

換気が最小限で済む

ガスコンロの場合、加熱の際の燃焼によって酸素が消費され、二酸化炭素と窒素酸化物が発生することによって換気が必要になります。

 

換気をすることによって、室内の冷気や暖気も排出されるため電気代のロスにも繋がりますが、IHクッキングヒーターではそのような非効率なことがありません。
IHクッキングヒーターの電気代について詳しくはこちらの記事で紹介しています。

ビルトインタイプ?据え置き?違いはなに?


IHクッキングヒーターには大きく分けて「ビルトイン」と「据え置き」の2種類のタイプがあります。ここではこの2つがどう違うのか、それぞれのメリット、デメリットなどを詳しくお伝えしたいと思います。

ビルトインタイプ

ビルトインタイプのIHクッキングヒーターは台所に埋め込むタイプのIHクッキングヒーターです。システムキッチンなどはこのタイプが圧倒的に多いです。

 

台所にすっきりと収まるという事で、ムダのないデザインとキッチンの一体感を好む方にお勧めです。

メリット

据え置きタイプのIHと比較して高機能であるという点が大きなメリットの一つです。家電メーカー各社こぞって様々なタイプのIHヒーターを発表しています。

 

この会社が出しているものははココが得意!というのが各社必ずありますから、その中でご自分に合った製品を吟味するのも楽しいと思います。

デメリット

デメリットとしては、据え置きはただ台座に置けばよいだけですが、ビルトインタイプの場合は埋め込み工事が必要となるのでその分工事費用が必要になるという点です。
IHクッキングヒータービルトインタイプへの交換、取り付け方法について詳しくはこちらの記事で紹介しています。

 

ですがIHクッキングヒーターから他のIHクッキングヒーターへの交換は、ご自分で取り付けることも可能です。

据え置きタイプ

据え置きタイプは通常のガステーブルのように、台の上に直接置いて使用するタイプのクッキングヒーターです。

メリット

現在お使いのガステーブルなどと交換して置き換えるだけで使用が可能になるのがそのメリットです。ですが動力源を、これまでのガス管から電気に交換するための電気工事が必要となります。

デメリット

やはり性能、種類共にビルトインタイプよりどうしても劣ってしまうのがデメリットと言えるでしょう。またこの据え置きタイプは2口IHが主流なので、同時に何品もお料理したい方には物足りなく感じるかもしれません。

工事費用はどのくらい?交換の手段は?


「我が家もIHクッキングヒーターに交換したい!」と思っても、その費用や方法が分からないと不安ですよね。ここではIHクッキングヒーターを導入する際の費用、交換方法、そして費用を抑えるコツなどをご説明いたします。

工事費用はどれくらい?

工事費用は、依頼した業者や工事の種類、お住いの居住環境により異なりますが、大体の目安は2〜6万円くらいだそうです。

 

元々IHクッキングヒーターが付いていて、新しいIHクッキングヒーターへ交換取付けをする場合であれば、品物を交換するだけの工事のため、費用はあまりかかりません。

 

ですがガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換となる場合は、IHクッキングヒーターの取付けに必ず必要となる専用の電気回線を設けるための工事を行わなければならないのでその分費用がかかってしまいます。

自分でも出来る?

IHクッキングヒーターから他のIHクッキングヒーターへ交換する場合は、ご自分でも取り付け可能です。ガスコンロからIHクッキングヒーターに交換する場合は、配線などの様々な工事が必要となって来ますので必ず業者さんにご連絡ください。

費用を抑えるコツは?

ここでは、交換の際の費用を抑えるコツをお伝えしたいと思います。

商品選びの時点から

IHクッキングヒーターに搭載されているヒーターの口数やヒーターの種類などによって価格に違いがあるので、費用を抑えたい場合はその点に考慮して商品を選ぶと良いでしょう。

とにかく「IHクッキングヒーターで!」というなら

メーカーや機能にこだわりがない場合には、型遅れの商品や業者の過剰在庫を利用するとさらに費用をおさえることが出来ます。気になる方は是非、施工業者さんに問い合わせてみてください!

オール電化を考えてみても?

IHクッキングヒーターを取り付けると、電気料金の割引を受けることができる地域もあるそうですが、さほど大きな金額ではないため、ガスコンロからIHクッキングヒーターへ取替えを検討されているのであればオール電化を検討してみても良いかもしれません。
IHクッキングヒーターの工事費について詳しくはこちらの記事で紹介しています。

IHクッキングヒーターの種類、選び方のコツをご紹介!


現在お住いの住居にIHクッキングヒーターを導入する場合も、これから建てるお家をオール電化を導入する際に、リフォームついでにIHヒーターにという場合にも、お住まいや用途に合った種類のものを選びたいですよね。

 

ここでは、どんな場合にどのようなタイプのヒーターにしたら良いのか?選び方のポイントをお伝えしたいと思います。

新築・リフォームなら選べるビルトイン

お宅を新築・リフォームの際に使いやすくプランニングしたいのがキッチンですよね。キッチン全体を一新出来る場合には、選べる高性能のビルトインタイプがお勧めです。

火力や口数で選ぶ

ビルトインタイプは3つ口が一般的ですが、2口や1口タイプもあります。手前に2つと奥にひとつの3つ口のタイプが殆どです。3つすべてがIHのタイプ、手前ふたつがIHで奥にラジエントヒーター(ニクロム線が配置されているもの)を組み合わせたタイプがあります。

 

1口の最大火力はメーカーによって多少異なりますので、最大火力や温度が気になる方は基準にして選ぶのが良いでしょう。

操作性で選ぶ

ガスコンロと違って、直接火をみながら火力調節が出来ないところに不安を感じる方も多いと思います。ですが近年の商品には、その心細さを改善すべく操作方法のより分かりやすいものが増えて来ました。

 

手元が見やすい上面に操作スイッチがあるもの、火力調整をガスコンロのようにダイヤルで操作できるタイプなどもあります。

 

操作手順を音声や文字で教えてくれるものや、次に操作するボタンを知らせてくれるものもあります。

グリル機能で選ぶ

IHクッキングヒーターと一体になっているグリルも、どんどん高性能になって来ています。容量の大きいタイプ、火力の強いタイプ、上下同時加熱でスピーディー に焼き上げる両面焼きグリルや煙の少ないタイプなど。

 

また、魚だけでなくローストビーフやケーキなどのお菓子まで作れる、オーブン同様に利用できるタイプもあります。

 

掃除のしやすさにも配慮されたタイプや、パーツが取り外しやすくなっているもの、すっきりとした庫内となっているものなど、お手入れ簡単さを基準に選ぶのも良いでしょう。

安全性で選ぶ

お子さんや高齢のご家族がいる場合、やはり考慮したいのが安全性。前述したような、加熱中のサインが出るものや高温注意の表示のあるもの、チャイルドロックの設定されたタイプなどがあります。

 

また、換気扇と連動していて付け忘れ、消し忘れを防いでくれて省エネにもなるタイプのものもあります。

交換、買い替えるタイミングはいつなの?


故障してしまった電化製品を修理に出すか買い替えるかは、IHクッキングヒーターに限らず、色んな場面で頭を悩ませる事案です。その判断はなかなかつき難いものです。

 

ここではIHクッキングヒーターが故障してしまった場合、交換するのはどんな場合か?そのタイミングや見極め方をチェックリストにしてお伝えいたします。

IHクッキングヒーターを交換する場合

選びに選び抜いたIHクッキングヒーター。さよならするのは辛いけど、寿命が来てしまったものは交換しないと電気代も嵩みます。以下の条件に1つでも当てはまる場合は交換をお勧めします。

10年以上使っている

他の電化製品にも言えることですが、家電の寿命は大体10年。出来れば10年以内に新しいものに交換するのが望ましいとされています。それ以上の使用はkw消費電力のロスも生まれ、突然の機能停止につながりますのでご注意を。

いつも使っているからすぐに使いたいという人

食事は毎日のことなので、火力が止まると困ります。修理に出すとそれなりの時間がかかるため、その期間調理が出来ないのは困ると言う場合は交換を考えた方がいいでしょう。

1年に3回以上の故障

家電も生き物のようで、故障したと思ったらまた動き出したりと、僅かな期待を抱きたくなりますが、年に3回以上故障している場合はそろそろお迎えがやって来ます。悲しいですが速やかに交換しましょう。

修理の見積もりが4万円を超えた

修理も、どのパーツが壊れているかによって費用が違って来ます。見積もりに出して4万円を上回った場合は、新しいものを購入しても費用はさほど変わりません。将来的には断然お得です。

もっと高性能なIHクッキングヒーターを使いたい

数回にわたる故障と同時に、今現在使用中のIHクッキングヒーターに不満がある場合、そして何より最新のもっと高性能な機能のものを使ってみたい、そう思っている方には迷うことなく交換することをお勧めします。
IHクッキングヒーターの選び方について詳しくはこちらの記事で紹介しています。

IHクッキングヒーターで快適な調理ライフを

これを読んで下さっている方のIHクッキングヒーターに対する興味の理由も様々。リフォームやオール電化に伴って、また、安全性を考慮してのIHクッキングヒーター導入からということもあるかと思います。

 

ひと昔前の状況と違い、各家電メーカーの努力の賜物として、ガスに頼らない家電製品の性能やコストパフォーマンスも上がって来ています

 

ご自分のライフスタイルに合ったタイプのものを、数多くある中から選ぶことが出来るくらい種類も豊富です。

もしもこの時期に、調理スペースにIHクッキングヒーターを導入しようとしている方は、費用・性能の面で考えても正にベストなタイミング!

 

その機能や得意分野も、各社のIHクッキングヒーターごとに多様性に富んでいのますので、ご家族にとってどんなお食事スタイルが良いのか、また料理長である主婦にとって何が一番お得なのかを、存分に検討し吟味したうえで、後悔のないベストなIHクッキングヒーターを選んで頂きたいと思います!

5/5 (1)

この記事を評価する

  • 業務用エアコンが故障した場合の原因は?チェック項目と応急処置
  • 業務用エアコンを価格と馬力で選ぶ際の注意点とポイント
  • 定期点検が大事!マンションのインターホンの交換方法
  • インターホンの配線工事が必要なケースと交換のタイミング
  • インターホンの価格相場と取り付け費用を安くする秘訣
  • インターホンを新しくしたい!タイプ別種類と取り付け方法について