IHクッキングヒーター修理・交換の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

IHクッキングヒーター修理・交換の無料見積りはコチラ

今、主婦のあいだで密かに話題なのがIHクッキングヒーター。その人気の秘密は、なんといって機能の安全性と楽なお手入れ作業。そして高い加熱率を誇るので、従来の電気コンロに比べて電気代も安く抑えられるというのもメリットのひとつです。

 

IHコンロの「IH」とは「インダクションヒーティング」の略で、これを訳すと「誘導加熱」という意味になります。IHクッキングヒーターとは正しくは「電磁誘導加熱調理器」なのです。

 

鍋自体が自己発熱してくれるので、エネルギーのロスが非常に少なくて済むことで省エネとも言えます。

 

また盤面がフラットになっているため、日々のお手入れも簡単にサッと一拭きすることで汚れも溜まりません。ここではそんなIHクッキングヒーターの交換時期の見極め方や、交換方法、その種類などについてお伝えしたいと思います。

IHクッキングヒータービルトインタイプ?据え置きタイプもあるの?

 引用元:Good Design Award

 

IHクッキングヒーターというと、システムキッチンに組み込まれる形のビルトインタイプ、あるいは卓上タイプしかないと思っていらっしゃる方も多いのですが、通常のガスコンロ同様の、据え置きタイプもあります。ここではIHクッキングヒーターの種類やそれぞれの良さなどをご紹介していきます。

据え置きタイプ

先ほどもお話ししましたが、通常のガスコンロと同様に置いて取り付けるタイプのガスコンロを指します。ガスコンロから交換する場合、大がかりな取り付け工事は必要ありません。ただ、動力源をガスから電気へと変更する工事だけが必要となります。2口タイプのものがほとんどです。

ビルトインタイプ

システムキッチンに組み込むタイプのものになります。製品の多くは3つ口コンロですが、中には2口や1口タイプのものもあります。

 

この設置では本体以外に、取り付け工事費がかかってしまうのがデメリットです。しかし、据え置きタイプよりはるかに豊富で種類も選べますし、性能も高いのが特長です。

卓上タイプ

カセットコンロにように卓上でコンセントを繋いで使用できるIHヒーターです。1口のものと2口のものがあります。

 

テーブルで使うときだけ安全に鍋やお料理を楽しみたいと言う方におすすめです。また値段もお手頃なので、IHクッキングヒーターの導入を迷っているという方は、このタイプを使って試してみるというのもよいでしょう。

ガスコンロからIHへ交換?メリットとは?

とにかくその安全性

なんと言っても一番のメリットはその安全性です。熱源として電力を使用するためガスと違い火が出ませんから「強火にしたらセーターの袖に引火!」や、「天ぷら油に火が触れて、予期せぬフランベ!」などという火災が発生する心配もがありません。その安全性でのメリットを考えるとお子様のいるご家庭、ご高齢の方が主婦のご家庭には断然おすすめです!

お掃除簡単、毎日清潔!

ガスコンロのお掃除はちょっと面倒なので、ついつい汚れを溜めてしまいがち。汚れを溜めたら溜めたで、ベットリこびりついた汚れを一から綺麗にするのがまた面倒で……。と、油断するとそんな悪循環にも陥りがちです。

 

でもIHクッキングヒーターなら盤面フラットなので、毎日の終わりにサッと一拭きすればいいだけ。上昇気流も生じないので、油などが周囲に飛び散ることも少なくなります。鍋をのせる五徳がないので、焦げ付きもありません!お手入れの手間が格段に違うこともメリットと言えるでしょう。

換気扇もガスコンロに比べ汚れない

換気扇のお掃除も、部品がたくさんあるのでなかなか厄介ですよね。先ほども言いましたが、IHクッキングヒーターには加熱時に上昇気流が生じないため油の飛び散りが少ないのが特徴です。そのため換気扇の汚れも少なくなるということになります。

換気が最小限で済むので、電気代もお得に

加熱の際に「燃焼」しないということもあり、酸素も消費せず二酸化炭素も発生しないので、換気が最小で済みます。また、ガスより換気を必要としないため、冷気や暖気が逃げにくくなり、そのことで電気代の節約にもなります。

思っているより火力が強い

「とは言っても電気だし、やっぱりパワーはガスより弱いんじゃないの?」いいえ、それはこれまでの電気調理器による加熱に対するイメージです。IHクッキングヒーターは、鍋自体を発熱させるため、非常に「熱しやすい」加熱器なのです。電気は目に見えないけれどその火力は、ガスより強い場合が多いと言えます。

かがまずに火力調節が出来る!

ガスコンロで火加減を調節するときには、直接火を見なければならないため腰を折ってかがまなくては調節できませんが、IHクッキングヒーターなら、液晶表示などで火力を知らせてくれるため立ったままの楽な姿勢で調理が出来るのも十分機能的なコンロです。

 

「なんだそんなことか」とあなどることなかれ!この体をかがめる、などのキッチンでの姿勢は、年齢を重ねれば重ねるほど負担も大きく、使いやすさとして重要になって来る項目なのです。将来を見越して長く安全に使いたいなら、やっぱりIHクッキングヒーターはおすすめのコンロというわけですね!

IHクッキングヒーターの取り付け方法は意外と簡単?


ガスコンロからIHクッキングヒーターへと交換する場合は、初期設定を行う上で様々な工事が必要となりますが、IHクッキングヒーターから新しいIHクッキングヒーターへの取り付けは、なんとご自分でも出来るのです!

ガスコンロからIHクッキングヒーターへ

専門のIHクッキングヒーター設置業者さんにお願いすることになります。かなり金額にも幅があるので、複数の業者さんに見積もりをお願いしたうえで選ぶ事をおすすめします。

基本工事

IHクッキングヒーターをを取り付ける基本の工事です。 IH本体の配線とコンセントの設置を行います。ガスコンロの処分費用が料金の中に入っている業者さんもあります。費用は大体1〜3万円程度です。

ガスの閉栓工事

今まで使用していたガスの閉栓を行います。契約ガス会社によるのですが大体2千円〜程度です。

その他の工事

住環境、分電盤の種類などによって他の工事が必要になる場合があります。工事費用は、工事の種類によって様々です。上記のものが初期に必要な工事となります。お住まいがIH対応に問題がなく、業者さんを吟味すれば2万円以下で取り付けが可能です。

ご自分で取り付ける場合


引用元:YouTube

 

ガスコンロからIHクッキングヒーターへの交換は専門家の力が必要ですが、IHクッキングヒーターから新しいIHクッキングヒーターへはご自分でも出来ます。ここでは、その取り付け方を上の動画を通してご説明したいと思います。

古い本体の取り外し

まずは今まで使用していた古い方の本体を取り外します。以下の動画をご覧下さい。この動画に沿って手順を説明いたします。

 

①まず、前面に付いている部品を取り外します
②次に上面のパネルも外します
③前面左右の固定金物を留めているネジを、ドライバーで緩めて固定金物を外します
④天板上の固定金物も、ネジを緩めることで持ち上げられるようにします
⑤マイナスドライバーなどを差し込んで、天板がシンクから外れやすいように剥がします
⑥グリルの受け皿を外します
⑦電源コードに気をつけながら、天板ごと斜めに持ち上げます
⑧電源コードを抜きます

 

これで古い本体の撤去は完了です。

新しい本体の取り付け

いよいよ新しい本体の取り付けです。取り付け前に掃除をしておきましょう。引き続き、動画をご覧下さい。

 

①電源コンセントを繋ぎます
②前から斜めに嵌め込んで、ゆっくり下ろします
③天板がしっかり嵌っているか調整します
④前面の固定金物をドライバーで固定します
⑤前面パネルに部品を順番に嵌め込んでいきます
⑥天板上の固定金物をドライバーで固定します
⑦前面の操作パネルを取り付けます
⑧完成!

 

あとは電源を入れて動くかどうかを確認をするだけです。とはいえ電化製品には弱いし、あんまり力もないしなぁ……。という方はやはり専門の業者さんにお願いするのが安心できて良いでしょう。安いところだと8,000円くらいから、高くても15,000円以内で収まります。

寿命はどのくらい?買い替え時期の判断基準とは?

決して安い買い物ではない家電製品。

 

とはいえ壊れかけた製品を、騙し騙し使い続けることは電力の無駄使いにもつながり、何より非常に危険です。ここではIHクッキングヒーターの寿命が何年なのか、取り替えの時期とそのサインを詳しくお伝えいたします。

寿命は10〜15年

IHクッキングヒーターに限らず、ほとんどの家電の寿命は10〜15年です。しかし中には5年で壊れてしまったり、逆にびっくりするほど長持ちしている、という製品もあります。

 

いつかは必ずやって来る家電製品の寿命。使えなくなってしまったのは寿命か、そうでないかをどこで判断したら良いでしょうか?「これは修理に出した方がいいの?それと交換なの?」なかなか判断がつかない方のために、IHクッキングヒーターの寿命のサインと買い替えのタイミングをお伝えします。

IHクッキングヒーターが故障したら?

IHクッキングヒーターが故障した場合も修理か交換か、判断がつきにくいものです。ここでは当てはまったら要交換である3つの場合をお伝えします。

これまで10年以上使用している場合

上記のようにIHクッキングヒーターの寿命は10〜15年です。「じゃあまだ5年はいけるんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですがあくまでも寿命の話なので、理想的なのは寿命を迎えるより以前に交換することです。10年経って故障も出て来てしまっているということは、すでにお迎え間近。省エネ設計によって新製品と比較すれば古い家電製品は電気代ロスにもつながりますので、早めに交換することをおすすめします。

1年の内に3回以上の故障があった場合

もしもまだ10年経っていなくとも、寿命間近と同様の状態になっているため故障を頻発するようになっていると思われます。今後も故障を起こす可能性がありますので、修理代を考えた上でも交換の方がメリットがあるでしょう。

修理の見積もりが4万円を超えた場合

迷わず、新しいIHクッキングヒーターと交換しましょう。

 

ガスコンロからの交換ではないので初期費用もさほどかかりません。ご自分で取り付けるのならば買い換えた本体の料金だけで済みます。4万円の修理費を支払うのであるならば、新しい製品を購入して取り付けた方が将来的にお得です。

IHからIHへの交換は初期費用もかからない!


その仕組みからも安全性抜群なIHクッキングヒーター。その大きなメリットを重視して、ガスコンロから交換する方が増えています。起きるかもしれない火災を心配して、あれこれ防災グッズを揃えるよりも、一番の安全対策となるからかもしれません。

 

さらに本体のお手入れが楽なのも、その魅力の一つです。このように様々なメリットがありますが、やはりその初期費用を考えると導入を躊躇される方も多いでしょう。

 

しかし一番最初の導入工事に多少の費用がかかるだけで、その後の交換はそれ程費用がかかるわけではありません。腕に覚えのある方もない方も、その気になればご自分での交換も可能です。

 

色々なメリットと将来性を持つIHクッキングヒーター。初期費用は安全への投資として、あなたも導入を考えてみませんか?

5/5 (1)

この記事を評価する

  • 業務用エアコンが故障した場合の原因は?チェック項目と応急処置
  • 業務用エアコンを価格と馬力で選ぶ際の注意点とポイント
  • 定期点検が大事!マンションのインターホンの交換方法
  • インターホンの配線工事が必要なケースと交換のタイミング
  • インターホンの価格相場と取り付け費用を安くする秘訣
  • インターホンを新しくしたい!タイプ別種類と取り付け方法について