エコキュート修理・交換の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

エコキュート修理・交換の無料見積りはコチラ

エコキュートの寿命、耐用年数はエコキュートの使い方や環境により変わりますが、一般的には約10年~約15年前後と言われています。

 

寿命が10年を超えて調子が悪くなってきたら寿命が近づいている可能性が考えられます。いざ買い替えるとなった時に新しく導入するエコキュートのことだけでなく、工事内容や費用のことも知っておきたいですよね。

 

今回は、エコキュートの調子が悪くなってきてそろそろ寿命かもしれないので買い替えを考えている、という方のために、買い替えにかかる費用や最新機種のエコキュートをご紹介します。

エコキュート買い替えのタイミング

寿命が近づいたエコキュートに起こりやすい不具合や症状を解説していきます。

お湯が出ない

エコキュートの故障の中でとても多いのが、お湯を出そうとしても水のまま出てきてしまうというものです。

 

このような場合、温度調節をコントロールしている基盤の劣化が考えられます。ただ、冬場だと凍結していることが原因でお湯が出ないことがあります。

シャワーのお湯の温度が急に変わる

入浴中で温かいシャワーを使用しているというのに、急に温度が変わり水が出るという症状です。この原因のひとつにシャワー水栓のサーモスタット機能の不具合が考えられます。

お湯が浴そうから溢れる

エコキュートの機能では、浴そうに貯めるお湯が設定した量に達すると自動的に止まるようになっているはずですが、浴そうから溢れても止まらないという症状があります。

 

このような症状の場合には水位センサーの不具合が考えられます。また、導入されているエコキュートに合わない入浴剤を使用していると、浴そうの循環口が湯垢などの汚れで詰まっている可能性があります。入浴剤は各メーカーに指定されたり、推奨されたりしているものを使用するようにしましょう。

 

導入から約10年前後で起こる故障は、延長保証期間も過ぎているので修理費は有料になり、部品に寿命がきている可能性もあります。こうなると部品の取り替えや本体ごとの買い替えになるパターンが多いと言われています。

その他

断水の可能性

地域で断水が発生している場合では、お湯も水も出すことはできません。まず、地域で断水していないかを確認してみましょう。

止水栓の開け忘れ

メンテナンスをした時に、最後に止水栓を開け忘れてしまうことがあります。止水栓が閉まっていればお湯も水も出せません。メンテナンスを行った際は、最後に、止水栓が開いているかを確認しましょう。

買い替え工事にはいくらかかる?

工事内容と費用の目安

既存温水器撤去

現在使用されているエコキュートを取り外し、撤去する作業です。

エコキュート設置工事

新しく導入するエコキュートを設置するための作業です。

運搬・処分

以前使用していたエコキュートを運搬し、処分する作業です。

電気工事

取り替えたい新しいエコキュートの電気工事を行う作業です。費用の目安はメーカやエコキュートの機種などにもよって異なりますが、エコキュートの取替工事に約10万~約15万円前後、エコキュートの本体費用に約20万~約35万円前後、工事費と合わせた総額で約30万~約50万前後の費用が必要になる可能性があります。

 

依頼した業者によって各メーカーの値引き率や見積もりが変わってきますので、複数の業者で見積もりを依頼し、費用を比較検討してみることが大切です。少しでもお得にエコキュートを導入するために複数の業者に見積もりを依頼したうえで信頼できる業者さんをじっくりと探しましょう。

2018年最新エコキュート


画像引用:corona

各メーカーから様々な特徴のエコキュートが販売されていますが、その中から最新の人気エコキュートをご紹介したいと思います。

三菱

三菱製エコキュートは、毎日の入浴で汚れてしまうふろ配管を浴槽の栓を抜くだけで自動的にお掃除してくれる「バブルおそうじ」機能などが搭載されてプレミアムな気持ちよさが自慢のPシリーズのエコキュートもあります。

●Sシリーズ/フルオート/460L/(4~5人用)SRT-S463U 1,010,000円(税別)
●Aシリーズ/フルオート/460L/(4~5人用)SRT-W463 850,000円(税別)
●Aシリーズ/フルオート/370L/(3~4人用)SRT-W373 780,000円(税別)
※希望小売価格

日立

日立製エコキュートは、浴室とキッチンなど2カ所同じタイミングでお湯を出しても水圧が下がらずパワフルなシャワーを使える「パワフルシャワー」などの人気機能が搭載されているエコキュートもあります。
●フルオート/370L(3~5人用)BHP-F37RU  760,000円(税別)
●フルオート/460L(4~6人用)BHP-FV46RD  997,000円(税別)
●フルオート/460L(4~6人用)BHP-F46RD  930,000円(税別)
※ 希望小売価格

コロナ

コロナ製エコキュートは入浴していない時の保温を減少させ、エネルギー消費を抑えることができる「省エネ保温」などの人気の省エネ機能が搭載されているエコキュートもあります。

●フルオート/370L/3~5人用 CHP-37AY1 本体希望小売価格 750,000円+消費税
●フルオート/460L/4~7人用 CHP-46AY1 本体希望小売価格 820,000円+消費税

パナソニック

パナソニック製エコキュートはマンションの構造の関係で浴室に窓がない場合や、窓を閉め切りがちな浴室の酸素濃度を補う「酸素入浴機能」などの人気の機能が搭載されたエコキュートもあります。

●フルオート/370L/3~5人用/HE-J37JQS セット希望小売価格 745,000円(税抜)
●フルオート/460L/4~7人用/HE-J46JQS セット希望小売価格 822,000円(税抜)

エコキュートの選び方のポイント

エコキュートを選ぶ際の基準は3つあり、お湯の貯め方、タンク容量、設置スペースがあります。ここでは、その3つの基準について解説していきたいと思います。

お湯の貯め方

エコキュートにはお湯を貯める方法にフルオート、オート、給湯専用があります。ボタンひとつで自動運転するフルオートタイプ、ワンタッチたし湯とお湯はりが自動でできるオートタイプ、蛇口をひねるとお湯が出るシンプルな構造の給湯専用タイプがあります。

 

自動運転はとても便利な機能ですが、不要なタイミングで追い炊きなどをしてしまうことがあるため、ご家庭の使い方に合った設定に変えましょう。

タンクの容量

エコキュートのタンク容量は実際に使う人数よりも大きめの容量のものを選ぶと良いでしょう。

 

実際に使う人数よりも大きい容量のサイズのものだと、その分電気代が高くなるのではないかと考えがちですが、エコキュートは、毎回必要な分だけを必要なエネルギーで賄うので特別に高くなるということは基本的にはありません。

 

また、急な来客などで普段よりも使うお湯の量が増えてもワンサイズ容量の大きいものを買っておくと安心です。

設置スペース

エコキュートの設置スペースとして貯湯ユニットと室外機をあわせた2個分の設置場所を確保する必要があります。一般的な場所としては目立たない位置や隣の住居となるべく距離のある位置に置くことが多いようです。

設置スペースに合う形状のものを設置しましょう。

10年使うものだからこそ

今回は、エコキュートの調子が悪くなってきて寿命かもしれないので買い替えを考えているという方のために、買い替えにかかる費用や最新機種のエコキュートをご紹介してきました。

 

現在、少人数向けのコンタクトタイプや外観を重視したスマートなものなど各メーカーから様々なタイプのエコキュートが販売されています。

 

工事内容や費用はあくまでも目安です。設置の際の条件や選んだエコキュートによって費用が変わってきますので、コスト、人数、設置スペースなどご家庭の条件に合うものを選んでください。

 

エコキュートの買い替え費用は、初期費用と同じほどかかるとも言われています。長期的な利用でより光熱費を抑えられるので新しく導入したエコキュートを少しでも長い期間使っていきたいですよね。

 

エコキュートは自分でもできる簡単なメンテナンスもありますからぜひ定期的にメンテナンスを取り入れてください。買い替え工事は、故障したその日にすぐ工事することができない可能性もあります。メンテナンスを通じて状態を把握した上で買い替えるタイミングを検討し、工事の予定についても計画を立てておきましょう。

4.75/5 (4)

この記事を評価する

  • 業務用エアコンが故障した場合の原因は?チェック項目と応急処置
  • 業務用エアコンを価格と馬力で選ぶ際の注意点とポイント
  • 定期点検が大事!マンションのインターホンの交換方法
  • インターホンの配線工事が必要なケースと交換のタイミング
  • インターホンの価格相場と取り付け費用を安くする秘訣
  • インターホンを新しくしたい!タイプ別種類と取り付け方法について