外壁塗装の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

外壁塗装の無料見積りはコチラ

外壁工事の目安の時期として、家を購入してから10年目というのがあります。

 

実際に10年間住み続けてみると傷や小さな亀裂、見た目など徐々に劣化が進み、外観の見栄えも落ちてきて気になり始める時期ではないでしょうか。

 

今回は、外壁塗装をする理由、基礎知識や知っておいて得する豆知識など、外壁塗装に関するすべての情報をまとめていきたいと思います。

そもそも外壁塗装はなぜしないといけないの?

そもそも、なぜ外壁塗装が大切なのかというと外壁塗装は見た目をよくすることだけではなく、コンクリートや屋根材の経年による劣化や、ベランダなどの亀裂からの雨水侵入を防ぐための防水工事や木材部分の腐食などの劣化防止のためでもあります。

 

また、太陽光による紫外線や地震による揺れ、雨や風などの刺激から常にダメージを受けているので、外壁の表面を保護し、それらの外からの影響を防ぐことができます。

 

水は木材や鉄筋など家造りに使われるもの全てを劣化させてしまうので、10年目の外壁塗装の際はしっかりチェックしましょう。購入した頃は綺麗な外観でも、10年ほどで紫外線による色落ちや、汚れなどによって見た目が悪くなってきてしまいます。

 

また、長く暮らしていると同じシンプルな外壁の色に飽きてしまうこともあると思いますが、外壁塗装をすることで新築の住宅のように綺麗な状態を取り戻すことも、今までとは違った色にイメージを変えることもできます。

外壁塗装で覚えておきたい種類とは?

塗料の主な成分は大抵、合成樹脂でそこに含まれる物質で仕上がりや耐久性などが変わってきます。ウレタン系塗料は、防水と耐水に強い塗料です。

そこまで価格も高くなく、使用できる範囲が広く、幅広く需要のある塗料で密着性もとてもあり、塗装のはがれが気になるところに使えます。

 

予算の都合上、あまりお金を掛けたくなく低予算ですませたい人や、塗料の剥がれが気になる部分がある人におすすめの塗料です。

 

シリコン塗料は、ウレタン系塗料に比べて、耐久性と対候性、仕上がりのよさが優れている上質な塗料です。

 

弾性にもすぐれているので、小さなひび割れができても、防水性を維持します。耐用年数が長く、現在最も主流になっている塗料で価格と耐久性のバランスが良く現在需要の高い塗料です。

 

価格と耐久性のバランスがいいことから塗料選びに迷ってしまったら、シリコン系塗料がいいと言われています。フッ素系塗料は、耐久性、耐候性、撥水性にすぐれていますが、汚れやすいというデメリットもあります。

 

美しい光沢もありますが、価格がそこそこ高いので、一般住宅ではそれほどつかわれることはないようです。価格が比較的高いものですが、長期的に考えると1年あたりの価格は安いくなります。

 

長い目で見たとき、価格が安い塗料にしたい人や足場を設置する費用がかかってしまう場合におすすめの塗料です。

 

塗料とはいっても様々なタイプや特徴のものがありますので、価格や質、塗り替えの頻度、耐久年数などご家庭のスタイルやタイプに合ったものを選びましょう

デザインやカラーも豊富にある

外壁のデザインやカラーは豊富にあり、どのカラーすればいいのか迷ってしまいますよね。

 

一度決め完成してしまったらイメージと違うので変えたい、ということはできないので、どうしても気に入らない場合同じ金額を出してやり直さなければいけません。

 

豊富なカラーやデザインの中から、ご家族でイメージをすり合わせたものをしっかり選びましょう。

 

人気色では、ブロークンホワイトやニュートラルホワイト、クールホワイトなどホワイト系のカラーは人気が高い傾向があります。

 

また、ライトクリームなどクリーム系の色もお家を明るく見せてくれるので人気と言えます。

外壁塗装とサイディングの違いってなに?

外壁塗装とサイディングとの違い、それぞれのメリットやデメリットをご紹介していきたいと思います。

外壁塗装とは

外壁塗装とは、塗料を塗ったり吹き付けたりして外壁表面を保護します。主な工程として「外壁の洗浄と補修、下塗り、中塗り、仕上げ塗り」があります。

 

デザインや色を自由に選べることが多く、建物への新たな重量付加もほとんどありません。サイディングに比べ施工1回のコストは低い傾向があります。ただし、長い目で比較すると、塗り替えの時期にもよりますがサイディングよりコスト高となります。

外壁塗装のメリットデメリット

外壁塗装のメリットとして、外観を美しく整えることができる、外壁を保護し耐久性や防水性を高める、外壁の耐久性を高めることができるなどのメリットがあります。

 

外壁塗装のデメリットとしてあげられることはありませんが、気になる点があるとすれば外壁塗装は永久的なものではないので、約10年前後での間隔で定期的な塗り替えが必要になるというところが気になる点と言えます。

サイディングとは

サイディングとは、外壁に張る板状の外装材のことです。「パネルを貼り付ける」という工法で、パネルのデザインも様々なものがあり、耐火性や耐久性などに優れたものが多いのが特徴です。

 

サイディングの種類としては、金属系やセメント系、セラミック系などがあります。また、主な工程としては「外壁の洗浄と補修を行ったあと、パネル張り用の下地金物の取り付けを行い、その上にパネル張り」を施します。

サイディングのメリットデメリット

サイディングのメリットとしては、耐火性・耐久性に優れていて工場生産のため品質が安定していること。さらにバリエーションが豊富なこと、扱いやすく施工しやすいなどがあげられます。

 

サイディングのデメリットとしては、窯業サイディングは熱がたまりやすく、真夏に直射日光を浴びる時間の長い壁面は、表面温度が60度以上になることがあります。

 

施工から5~7年もすると、表面の防水性能が落ちてきて窯業サイディングの原料はセメントなので、塗膜が剥がれてしまうと水を吸収してしまいます。

外壁塗装に掛かる費用の相場はどのくらい?

外壁塗装の費用は、業者や使用する塗料によって異なり塗料だけではなく、足場の費用や屋根塗装の費用、コーキング費用、養生など様々な部分で異なります。

 

初めての外壁塗装の場合費用のなど詳しくは分からないことが多いとは思いますが、平均価格は30坪のお家の場合、外壁・屋根塗装で約100万円前後となっています。

 

光触媒塗料やフッ素塗料などの、グレードが高めの製品を使用すると、150万円を超える可能性もあります。とても高額な金額になりますので、事前に家族とイメージをすり合わせ決めるようにしましょう。

補助金が受けられるって本当?

地域の自治体によっては塗装や住宅リフォームを行う場合の補助金を出してくれるところがあります。塗装は数十万円と高額なお金もかかるので、国が補助してくれるのはとても助かると思います。

 

ただ、国がお金を出してくれる代わりに手続きなどが難しいので、事前に補助金の受け取り方や気をつけなければいけないポイントなどを各自治体に確認しておくようにしましょう。

外壁塗装の耐用年数、寿命はどのくらい?

外壁塗装の耐用年数はふたつに大きく分けられていて、一つ目が塗料の耐用年数で、各塗料メーカーが作った塗料の、塗装後から何年間耐久性を保っていられるかを表記しているものです。

 

二つ目が建物の耐用年数で、国税庁が表している建築材ごとの建物の寿命を表しているものです。

塗料の耐用年数

塗料の中で、メーカーが表記している耐用年数は、ウレタン系塗料で6~10年、シリコン系塗料で8~15年、フッ素系塗料で15~20年です。

建物の耐用年数

建物の耐用年数は建築材の違いで変わってきます。国税庁が表している建築材それぞれの耐用年数は以下になります。

 

材質の種類 耐用年数
木造 22年
木骨モルタル造 20年
れんが造・石造・ブロック造 38年
軽量鉄骨造 27年
重量鉄骨造 34年
鉄骨鉄筋コンクリート造 47年

外壁塗装の塗り替えの時期の判断方法

外壁塗装の時期として築10年を目安にされることが多いのは、住み続けているうちに徐々に劣化が始まり築10年もすれば必ずどこかしらに不具合が起き始めるからです。

 

外壁塗装をする時期を判断するには、劣化の段階と症状を見極める必要があり、外壁塗装をする最適なタイミングを自分で確認することができます。

 

築10年の場合は、外壁塗装が剥がれ、めくれる、などが発生している可能性があり、外壁塗装の効果がすでに終わっていて、建物に直接ダメージが届いてしまっている可能性があります。上記のように、築年数と症状を自分で確認してみましょう。

外壁塗装で近隣トラブルが多発している?

外壁塗装を業者に依頼することで、近隣トラブルになったというケースが多々あります。近隣の人からの苦情が来た場合は、きちんと謝罪をするようにしましょう。

 

そのまま放置してしまうと、その後に大きなトラブルになってしまうかもしれません。そうならないように真摯な対応を心がけ、苦情があったことを業者に伝え、同じことが起こらないように対処しましょう。

 

また、近隣ではなくても業者とトラブルになる可能性もあります。中には悪徳業者もいますので、依頼する側と業者間とのトラブルにも注意しておきましょう。

各家にあった外壁塗装をしましょう

今回は、外壁塗装の基礎知識やどうしてしないといけないのか、損をしない為の豆知識などの情報をまとめてきました。

 

業者よって塗装品質に大きく影響してくる部分もあるので、お家の年数や症状、状況をご自身でも見極めるように心掛けましょう。

 

外壁塗装は決して安くはありません。ミスがあってからでは遅いので、事前に塗装の色や質などを業者と相談しておくようにしましょう

 

今お住まいの家に長く住みたいと考えているのであれば、家自体の寿命を伸ばす為にも外壁塗装を検討してみてはいかがでしょうか。

4.5/5 (2)

この記事を評価する

塗装, 外壁塗装の関連記事
  • 外壁塗装で使われる塗料種類別の費用相場は?塗料の特徴や用途別の選び方について
  • 50坪〜60坪の外壁塗装にかかる費用相場と計算法
  • 40坪の外壁塗装の相場と外壁の劣化によるトラブル
  • 30坪の外壁塗装の目安になる!費用相場と計算方法
  • 20坪の外壁塗装にかかる相場と見積もりのポイント
  • 外壁塗装の塗り替えの時期!避けるべき季節があるというのは本当?