外壁塗装の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

外壁塗装の無料見積りはコチラ

コストが掛かってしまう外壁塗装工事ではありますが「補助金」が受けられるということを知っていますか?

 

ご自宅を購入する際、ある程度お金がかかってしまうことを理解してから購入していると思います。しかし、外壁塗装工事などのメンテナンスも意外と高額になってくるのです。なるべく安く抑えたいと思っている人がほとんどだと思います。

 

工事費用はどうしても高額になってしまうので、少しでも節約ができる方法があればしていきたいですよね。そんな方におすすめなのが、お住まいの地域によって、リフォームを行う場合に補助金を出してくれる地域があるのです。

 

高額なリフォームに充てることができる補助金を出してもらえる分、補助金をもらうための手続きがは少し難しい部分もあります。今回は、損をしない為に補助金をもらう為の情報、知っておくべきポイントなどを紹介していきたいと思います。

外壁塗装で補助金を受けることができる

外壁塗装における補助金は、受け取るには審査があり、審査に通った場合にのみ受給できます。助成金より受給条件が厳しいとされているので、金額が少し高い特徴があります。

 

補助金、助成金もどちらも返済不要なので、受給条件に当てはまる方は積極的に活用していきましょう。補助金、助成金はどちらも需給条件が異なりますので需給を希望する際には、ご自身がお住まいの地域に、その制度があるか一度確認してみましょう。

 

遮熱塗料や断熱塗料を使って塗装工事をすることで、地域の自治体からの助成金や補助金などを受けることができます。外壁塗装の時に補助金はすべての施工が対象となるわけではなかったり、地域の自治体によってはそもそも対応していない場合があります

 

また、使用する塗料の遮熱性能の基準や、施工前までに申請する必要があるなど注意事項がいくつかありますので、各地域の自治体に問い合わせてみる必要があります。

補助金の適用条件

外壁塗装で使える補助金は、「リフォーム減税」という枠組みの耐震リフォーム、バリアフリーリフォーム、省エネリフォームの3種類ある中の「省エネリフォーム」に属する制度です。

 

「住宅の性能を維持と向上させるためのリフォーム工事」に対して適用されます。上記の条件に当てはまった場合のみ利用でき、対象になると工事費用の4分の1もしくは最大で100万円まで補助金支給となります。

助成金の条件

助成金を利用するには、指定されている条件をクリアしている必要があります。助成金の条件は、「決まった特定の塗料」を使うなどの条件を満たしていれば誰でも受け取れるとされています。

 

では、対象になるにはどの塗料を使用していればいいのでしょうか。エコリフォームを行う工事として許可が得られている塗料を使うことで、一部を地域の自治体が負担してくれるということです。

 

また、助成金を利用できるための条件として、工事をする物件が自治体の区域内に存在していることが条件のひとつとなっています。そしてその物件に居住しているか、これから居住予定でないと受けることができません。

助成金の条件に当てはまる塗料

助成金の対象の塗料のひとつである「遮熱塗料」は、温度上昇の原因である近赤外線を反射することで、塗膜や躯体の温度上昇を抑制できる塗料です。遮熱塗料のメリットは、建物の屋根や外壁に塗布することで、室内温度の上昇を抑制できることです。

 

もうひとつの塗料の「断熱塗料」は、夏の室内の温度の上昇だけではなく、冬の室内の温度の低下を緩和してくれる、保温効果もあることがメリットです。

 

断熱塗料は遮熱塗料よりも室内の温度の上昇を抑えることができるという意見もありますが、塗膜の厚みは2ミリ程度と一般的な断熱材と比べると薄く、断熱材ほどの断熱効果が期待できるわけではありません。

 

これらの塗料を使用することで夏に使うエアコンの使用量を約7%ほど削減することができるのでか環境保全の視点から市区町村が工事金額の一部を助成金という形で支払います。

住んでいる地域によって制度は変わってくる

助成金、補助金の受給条件はともに各地域の自治体によって異なります。そのため、外壁塗装工事の際は受給申請を出す自治体の条件を確認しておきましょう。

 

外壁塗装工事単体でということだと、国の補助金を受けることが難しくなってきているのが近年の傾向で、他の省エネ工事、天井の断熱工事、省エネ設備の導入工事などを行うことが条件になります。

 

下記では地域別の各自治体の補助金の「減額率」「補助金上限」「適用条件」を参考としてご紹介しておきます。

東京都世田谷区

東京都世田谷区の適用条件は「屋根を断熱塗料で塗装」することで減額率は「工事費用の10%」減額され、補助金の上限は「20万円」となっています。

東京都八王子市

東京都八王子市の適用条件は「耐震性を高める工事」を行うことで減額率は「工事費用の20%」減額され、補助金の上限は「20万円」となっています。

静岡県

静岡県の適用条件は「窓断熱・節水トイレ・高断熱浴槽」で減額率は「工事費用の10%」減額され、補助金の上限は「10万円」となっています。

埼玉県上尾市

埼玉県上尾市の適用条件は「断熱・遮熱塗料による塗装工事」を行うことで減額率は「工事費用の10%」減額され、補助金の上限は「20万円」となっています。

 

基本的には上記のような内容がホームページに記載されていますので一度確認してみましょう。また、自分の地域のホームページを見たけれど補助金に関しての記載がないという場合は問い合わせてみましょう。

補助金を受けるための流れや注意点とは?

補助金・助成金申請の流れ

補助金や助成金を使用するには、工事着工前にそれぞれのお住いの地域に申請書類を提出して、申請を行い約1週間程度で決定通知が送られてきて、受理されてから工事がはじまります

 

外壁塗装工事が終わったら完了報告書を提出し、施工が終わった住宅の確認を行い、決定通知が送られてきて、支払いとなります。

 

一般的には、上記のような流れで受け取りが行われますが、稀に工事後でも、遡って補助金申請が出来るということがあります。基本的にはほとんどが事前申請とされているので例外と思っていて良いでしょう。

 

工事を開始する前に既存の状態を写真添付したり、チェック項目があり、申請の前に工事を行ってしまうことは不可ということがあります。補助金を利用する場合は確認と事前申請を行ってから工事を開始するようにしましょう。

リフォームするなら当てはまるわけではない

リフォームをするから、対象になるというわけではありません。補助金を受けて外壁塗装するには、昭和56年6月1日以降に建築確認を受けた建物の場合、平成12年3月31日以前に竣工した建物という条件が必要になりますので確認しておきましょう。

同じ業者が行った工事が対象

補助金の受給にあたって制限があると、受給条件の金額まで少し足りないからとあとから別の工事を依頼することがあるそうです。しかし、同じ業者が行った工事が対象になりますので、新たに工事をしても費用がかさむだけということも考えられますので気をつけておきましょう。

 

200万円を使う工事をしないと、補助金の上限の20万円が受け取れないなどのことが事前にわかっている場合は、外壁塗装工事だけでは200万円に届かないことは多くありますので、同じ業者が他の工事が出来るのかどうかということも併せて確認しておきましょう。

税金を滞納している場合は受け取れない

補助金は税金などからできていますので、税金等を滞納している人の場合は補助金を受けることはできません。これはどのような補助金であっても共通の事なので注意しましょう。

事前に準備しておいたほうがいいもの

申請する自治体によって違いがありますが、補助金を申請する時にリフォームを行う場所の写真、平面図、立面図等を用意する必要がある場合があります

 

リフォーム前のご自宅の写真ならすぐに撮ることはできるかと思いますが、見取り図などの図面は、ご自宅の写真と比べると準備に多少時間がかかってしまうと思います。

 

どのようなものを準備すればいいのか、自治体とよく相談して事前に準備しておきましょう。

業者選びが大切

すべての工務店や建設会社で補助金を受けられるわけではありません。事前に申請した会社が許可された補助金枠内でのみ利用可能という条件があります。

 

依頼した工務店が補助金制度に申請していなかった場合は、そこに施工をお願いすると補助金は受けられません。また、依頼した工務店の補助金額が限られていて補助金を受けられる枠がもうないということも考えられます。

 

上記のようなことも考えられますので、事前に確認をしてから申請を行いましょう。

悪徳業者には注意が必要

悪徳業者が作ったオリジナルの遮熱塗料を、助成金の対象だということ説明してきてそのまま信じてしまった結果、工事を行ってしまうという場合があります。

 

しかし、その塗料が補助金対象の遮熱塗料なのかというと自治体は認めていないので補助金を受けられない可能性が出てきてしまいますので注意しておきましょう。

補助金制度を活用しよりお得に外壁塗装を

今回は、補助金をもらう為の情報や、知っておいたほうがいいポイントなどを紹介してきました。減額率、補助金上限、適用条件などはそれぞれお住いの地域によって異なってきます。

 

また、そもそもそのような補助金の制度自体がないということも考えられますので、一度お住まいの地域のホームページ、もしくは直接自治体に確認してみましょう

 

また、業者選びにも注意が必要です。補助金に対応しているところか、補助金を受けられる枠はあるかなどを確認してから申請をするようにしましょう。できれば、そのような補助金の制度などに詳しい地域の業者を探し、そこに依頼するとスムーズに話が進められると思いますよ。

5/5 (1)

この記事を評価する

塗装, 外壁塗装の関連記事
  • 外壁塗装で使われる塗料種類別の費用相場は?塗料の特徴や用途別の選び方について
  • 50坪〜60坪の外壁塗装にかかる費用相場と計算法
  • 40坪の外壁塗装の相場と外壁の劣化によるトラブル
  • 30坪の外壁塗装の目安になる!費用相場と計算方法
  • 20坪の外壁塗装にかかる相場と見積もりのポイント
  • 外壁塗装の塗り替えの時期!避けるべき季節があるというのは本当?