耐震補強リフォームの費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

耐震補強リフォームの無料見積りはコチラ

皆様は耐震の方法のひとつであるシェルターをご存知でしょうか?地震が多く発生してきた日本ですが、大地震はいつ発生してもおかしくはないと言われており、今後30年での発生率は70%以上ともいわれています。

 

皆様の中にも耐震に力を入れているという方もいらっしゃると思います。シェルターは地震が起き、倒壊してしまった場合にも場合も、ひとつの空間をつくり、守ってくれるので日本でも少しずつ普及してきています。

 

今後の地震対策でシェルター導入を考えてる方のために、今回は、設置のメリット、費用についてなど紹介していきたいと思います。ぜひ、耐震シェルターの導入を検討の際は本記事を参考にしてみてください。

耐震シェルターってなに?

シェルターとは地震などの自然災害から身を守るための場所や空間をつくることができるものです。また、工事期間も比較的短いこともあり、居住を続けながら工事が行えることがが特徴です。

 

今後日本では大きな地震が起こると言われていますので主要な地震対策のひとつとして普及していくのではないでしょうか。

 

また、大きな地震などが発生した時に避難場所に迅速に移動できない可能性のある小さいお子様や、高齢者の方、障がい者の方などが身近にいらっしゃる場合は、比較的費用も安く導入できることからも検討したい地震対策のひとつと言えるでしょう。

耐震シェルターの種類


画像引用元:@DIME アットダイム

耐震シェルターを販売しているメーカー

耐震シェルターを販売しているメーカーの中から、今回は3メーカーを紹介していきたいと思います。

アップルホームの安全ボックス

東京都や名古屋市を中心に補助対象になっている耐震シェルターです。強靭な鉄骨で部屋をしっかりと支え、もともとある柱や土台の他に新たに基礎や鉄骨フレームを作るので、すべての建物に対応が可能なことが特徴です。

デリス建築研究所のシェルキューブ

シェルキューブは住宅内部の居室に設置することで大きな地震が発生した際に建物の倒壊などから守ってくれるというものです。

 

また、デリス建築研究所のシェルキューブは東京都都市整備局の安価で信頼できる木造住宅の「耐震改修工法、装置」に選定されていることは安心して利用できる要素のひとつです。

富田鉄工の耐震シェルター剛建

富田鉄工の耐震シェルターは逃げ道が4方向にあり、木造で軽量なだけではなく強度もしっかりしており、大規模な震災を想定した耐震実験をしていることからも安心感があります。工期は1日と短いことも選ばれる理由のひとつです。

耐震シェルターの形やタイプ

耐震シェルターにはいくつかの種類があり主要なタイプではベット型と部屋型があります。

 

その他のタイプではテーブル型、押入れ型、クローゼット型等の種類もありますのでご家庭に合ったタイプのものを選べるのも魅力のひとつといえます。

ベッド型シェルター

ベッド型の耐震シェルターは、通常のベットの他に介護用ベットもあり高齢者の方も安心して使うことができるタイプのシェルターです。ベット型耐震シェルターは、設置に平均およそ2時間程度必要とされています。

部屋型耐震シェルター

部屋型耐震シェルターは、部材を組み込んで一部屋を丸ごと補強します。施工完了までに2日間程度の場合もあれば、選んだシェルターにもよりますが、居住しながらの施工だと約20日間前後かかる場合もあるようです。

耐震シェルターのメリットとは?

耐震シェルターのメリット、そしてデメリットも見ていきましょう。

耐震シェルターのメリット

費用を抑えられる

一般的は耐震補強工事の平均価格は200万円前後とされていて、経済的な理由で耐震工事をあきらめてしまう方も少なくありません。

 

特に高齢の方の場合、いつくるか分からない地震のために、大掛かりで高額な工事をするのは難しいと考える場合も多いと思います。

 

耐震シェルターは設置費用が耐震シェルター自体の価格の他、運搬費用や施工費を含めた平均は約90万円前後と耐震補強工事と比較すると安い傾向にありますので、金銭的な負担が少なく安心を手に入れることができます。

工事期間が短くて済む

耐震シェルターは施工が簡単なことが多いため、2日前後程度で工事を終えることができます。部屋の中に、もうひとつ部屋をつくるようなイメージなので普段の生活を続けながら工事ができることで、期間中の住み替えなどの必要がありません。

再利用が可能

耐震シェルターを導入した後で、お家を建て替えることになったとしても再利用することが可能です。

用途によって種類がある

一口に耐震シェルターといっても、土砂災害向きのものや地盤液状化向きのものなど用途による種類がありますので、地域やご自宅に合ったものを選び導入しましょう。

耐震シェルターのデメリット

耐震性を向上できるのは部分的

耐震シェルターはお家を建物ごと耐震できないため、設置した部屋やベッドのみでの耐震性となることで、守られている部分は一部分といえます。

風通しが悪い

耐震シェルターは、窓がなく密閉されているつくりのため風通しが悪い点がデメリットとしてあげられます。

人によっては圧迫感や閉塞感がある

上記でも書かれていますが、窓がなく密閉されていることから個人差はありますが中には圧迫感や閉塞感を感じる人もいます。

 

狭いところが苦手な方や圧迫感や閉塞感を感じやすい方は、耐震シェルターを導入する前に確認しましょう。メリットがあるようにデメリットもありますので導入を検討の際はよく考えて、ご自宅にとって良い選択になるようにしましょう。

耐震シェルターの設置費用とは?

耐震ベッドの設置費用

高齢者の方や小さなお子様など、大きな地震が起きると自分の力で逃げることは困難な方もいますよね。耐震ベッドはフレームでベッドを囲っているため、就寝中や寝たきりの状態の場合であっても安全性を高めてくれます。

 

工事の日数も1日程度で済み、耐震シェルターよりも比較的費用もリーズナブルな傾向があります。防災ベッドを設置した場合の価格相場は、約34万円前後となっています。

耐震シェルターのリフォーム費用

耐震シェルターには木造タイプや、箱のようなスペースを設置するタイプがあります。

 

上記のシェルターは耐震シェルターは、東京都が定めている「安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法、装置」に選ばれているものでもあります。安全ボックスを設置した場合の費用の相場は6畳タイプで約130万円前後とされています。

耐震シェルターの重要性

あの大きな被害を出した阪神淡路大震災では、死傷者の約90%以上の死因が家具や家屋の倒壊による窒息死、圧迫死で、負傷者の多くも家具の転倒や、家屋の倒壊によるものという報告があります。

 

耐震シェルターは、身を守る大きな役割を果たしています。また、シェルターにはさまざまな種類がありますのでご自宅に合ったタイプのシェルターを選択しましょう。

耐震シェルターの補助金制度

耐震シェルターは、限られたスペースだけの耐震性ですが、その分費用が比較的リーズナブルとなっていることがメリットといえます。

 

補助金制度は耐震シェルターも対象になります。受け取れる補助金の金額や詳細な条件などは、各自治体によって異なりますのでそれぞれお住いの自治体に確認しましょう。

東京都豊島区では

東京都豊島区は、「昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅が対象」の場合は、補助金として30万円を受給することができます。

 

安全性をより高いものにしたい場合や補助金を申請したい場合には、東京都から選定されている耐震シェルターや耐震ベッドの中から選んで購入しましょう。

耐震診断を受けましょう

阪神大震災が発生した際に昭和56年以前に建てられた建物に被害が多かったことから、昭和56年以前の旧耐震基準による木造住宅は耐震強度に不安があるとされています。

 

何かあってからでは後悔してしまうことになりますので昭和56年5月以前に建築の住宅にお住まいの方は、耐震診断を受けましょう。

業者選びも重要

耐震シェルターを導入する際は、業者選びも重要です。残念ですが悪徳業者が存在するのも事実ですから、見積もりを依頼した際などに何かおかしいと思う点があった場合には、実際の工事をお願いするのはやめたほうがいいかもしれません。

 

まずは、気になる業者を複数ピックアップし、見積もりを依頼しましょう。そして、複数の業者の見積もりをもとに納得して依頼できる業者を選びましょう。

身の安全の為にも地震の備えを

今回は、設置のメリット、費用についてなど紹介してきました。耐震シェルターは費用をできるだけ抑えつつも、今後大きな地震が来た時のために備えられる費用を抑えたい場合には最適な方法ではないでしょうか。

 

ベッド型の耐震シェルターでは、介護ベッド仕様もあるので夜間の災害の場合など、直ぐに外に飛び出すことが困難なときに自力では逃げられない高齢者や小さなお子様にも安心して利用できるシェルターではないでしょうか。

 

また、比較的リーズナブルとはいっても、ある程度まとまった資金が必要になります。少しでも費用を抑えたい場合は、補助金の制度を利用しましょう。

 

いつ起こるかわからないとはいえ、大きな地震が起こることに対して何も対策をしないというわけにはいきません。対策をしていなかった場合いざという時に困ってしまいます。

 

しっかりと対策を行っておけば、実際に大きな地震が起こってもその被害を最小限にとどめられる可能性も高くなります。その対策のひとつとして耐震シェルターの導入を検討してみてはいかがでしょうか。これから耐震シェルターの導入をご検討の際は本記事を参考にしてみてください。

No ratings yet.

この記事を評価する

  • システムキッチンのリフォーム額と費用が変わる原因
  • よくあるバリアフリー設備とリフォーム費用の相場
  • ユニットバスのリフォーム価格を安くする方法
  • 気をつけないと高くなりがち!リノベーション費用節約のコツ
  • リノベーションの費用相場を住居の種類別に紹介!
  • 耐震工事の種類や効果とは?工事を依頼する際の流れについても紹介!