リノベーションの費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

リノベーションの無料見積りはコチラ

リノベーションを検討している人にとって、悩みの種となるのは費用面でしょう。実際にリノベーションするとなると、様々な費用が発生するため、気をつけないと予算オーバーになってしまいます。

 

ここでは、リノベーション費用を抑えるコツについて紹介します。

リノベーション費用の内訳

リノベーションを検討する前に、費用の内訳をチェックしておきましょう。何にどれくらいの費用がかかるのかわかれば、予算も立てやすくなります。
リノベーションをする際に欠かせないのは基本工事費です。基本工事費には住居を解体・撤去・処分する工事費用に加え、木工事、内装工事、給排水や電気配線工事費など様々な費用が含まれます。この他にも、造り付けの家具や収納などを新たに設置する際は、オプション工事費用が発生します。

 

間取りを変更したり、設備を変更する際は設計費が発生します。設計費は業者ごとに基準が異なりますが、総工事費の10%を目安に考えるといいでしょう。ただ、間取りの変更はリノベーション費用に大きく影響してくるため、慎重に判断しなければなりません。細かく間取りを分けてしまうと、新たに壁をつくる費用が発生し、総工事費も高くなってしまいます。間取りの変更は、予算と相談しながら慎重に行いましょう。

 

この他にも、洗面台やトイレ、ユニットバス、システムキッチンなどの設備費用や、建具や床材などの資材費用などが発生します。設備や資材にこだわりすぎてしまうと、いつの間にか多額の費用がかさんでしまうので注意しましょう。

リノベーション以外の費用

実際にリノベーションするとなると、工事費用だけでなく、それ以外にも多くの費用が発生します。
自宅をリノベーションするとなると、その間は住むことができないため、工事が終わるまでに仮住まいを見つけなければなりません。賃貸で仮住まいの部屋を借りるとなると、工事が終わるまで数ヶ月の家賃を支払う必要があります。賃貸物件を借りる際は、敷金や礼金などの初期費用も発生するので注意が必要です。この他にも、自宅から仮住まいへ引っ越すときと、仮住まいから新居へ引っ越すときにそれぞれ引越し費用が発生するため、仮住まいを用意するだけでかなりの費用が必要になります。

 

仮住まいに全ての荷物を運ぶのが困難な場合は、レンタル倉庫を借りるといいでしょう。レンタル倉庫とは、仮住まい先で保管できない家財や物などを一時的に預けておくスペースのことです。レンタル倉庫なら部屋を借りるよりもお金がかかりませんが、設備の整った倉庫を借りるとなると、高い費用が発生するので注意しなければなりません。工事後もカーテンや家具を新調することになるため、それらの費用も予算に組み込んでおく必要があります。

 

リノベーションには予想以上にお金がかかるため、全体のバランスを考えて予算を考える必要があります。工事費ばかりに気を取られていると、予想外の出費に慌てることになってしまいます。そのような事態を避けるためにも、予算には余裕を持たせるようにしましょう。

 

工事費用は事前に業者から見積もりをもらうことができますが、それ以外の費用は自分たちで見積もりを作成しなければなりません。予期せぬ補強工事が発生する場合もあるので、ギリギリの予算を組んでいると、予想外の展開に柔軟に対応できなくなってしまいます。工事が延びてしまうと、仮住まいの費用も増えてしまうので、そのような事態も事前に想定して予算を考えることが大事です。

節約のコツ1:設備・建材選び

リノベーションの費用を節約したいなら、建材や設備選びを工夫してみましょう。
建材や床材、壁紙、設備などにグレードの高いものを使ってしまうと、リノベーション全体の費用も高くなってしまいます。特にこだわりがないのであれば、工事業者や工務店が通常扱っている建材や設備を導入するといいでしょう。それだけでも、リノベーション費用は比較的安くなります。

 

どうしてもグレードの高い建材や設備を導入したいのであれば、導入する場所としなくていい場所を分けて考えるようにしましょう。家全体にグレードの高い建材を導入してしまうと費用も高くなってしまいますが、導入する場所を限定して、それ以外の場所は通常の建材や設備を導入するようにすると、リノベーション費用をうまく節約することができます。

節約のコツ2:業者選び

リノベーションの費用を抑えたいなら、業者選びも工夫しましょう。同じリノベーション内容でも、業者によって費用が変わってくるため注意が必要です。
リノベーション業者は主に、地元の小さな工務店、中堅リノベーション業者、大手リノベーション業者の3つに分けることができますが、それぞれ特徴が異なるため、自分たちの都合に合う業者を慎重に選ばなければなりません。

 

地域密着型の工務店は、品質や提案力が店によってマチマチですが、費用が安くなりやすいメリットがあります。一方、中堅のリノベーション会社と大手リノベーション会社は、品質や提案力に安定感がある一方で、費用が高くなりやすいデメリットがあります。特に大手業者は広告宣伝費や経費に多額のお金をかけているため、それらの費用がリノベーション費用に上乗せされてしまいます。

 

リノベーション費用を節約したいなら、地域密着型の工務店を選ぶのがベストです。ただ、工務店の中にはデザインのセンスがない店や、品質管理がずさんなところもあるため、各店の能力をよく見極めてから選びましょう。

賢いリノベーション業者選び

自分の理想を実現させたいなら、リノベーションの実績がある業者に工事を依頼するのが一番です。地元の工務店の中には、工事のプロであってもデザインのプロでない工務店があるので注意が必要です。デザインセンスの良い業者にリノベーションを依頼したいなら、各社のホームページを見比べて、過去の工事例をチェックしてみるといいでしょう。

 

リノベーションが得意で、過去に実績のある工務店であれば、安心して工事を任せることができます。
業者を選ぶときは、事前に接客対応を確かめておきましょう。問い合わせをしたときに、親身になって相談を受け付けてくれる業者であれば安心です。逆に、こちらの要望を無視して、一方的に話を進めるような業者は避けたほうが無難です。リノベーションは業者とともに成し遂げるものなので、相談しやすい業者を選ぶようにしましょう。

 

リノベーションする際は全て業者任せにするのではなく、自分たちが積極的に関わっていく姿勢が大切です。業者に相談するときは、曖昧なイメージを伝えるのではなく、自分たちの要望を具体的かつ明確に伝えるようにしましょう。受け身にならずに積極的に関わっていくことで、理想のリノベーションに近づきやすくなります。日頃から業者と積極的にコミュニケーションを取り合うようにすると、いい関係を築いていくことができるでしょう。

いくらまで出せるかを決めよう

グレードの高い設備や建材を使ったり、オリジナリティのあるデザインにしようとすればするほど、リノベーション費用は高くなります。最初に予算を決めずに計画してしまうと、どんどん費用がふくらんでしまうので注意しなければなりません。

 

リノベーションを検討するときは、最初にいくらまで出せるのかを明確にしておきましょう。予算内で理想をいかに実現するか考えることが大事です。予算を抑えて夢を実現する方法はいくらでもあるので、業者とよく相談しながらリノベーションの内容を検討しましょう。

5/5 (1)

この記事を評価する

リノベーションの関連記事
  • 気をつけないと高くなりがち!リノベーション費用節約のコツ
  • リノベーションの費用相場を住居の種類別に紹介!