業務用エアコン修理・交換の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

業務用エアコン修理・交換の無料見積りはコチラ

みなさんは『耐用年数』という言葉をごぞんじでしょうか。経営者の方や、管理職の方向けにいうと、減価償却の年数に関わっています。この耐用年数を超える前に、買い替えを検討することになります。

 

今回は業務用エアコンの耐用年数はどのくらいなのか、そもそも耐用年数とは?減価償却とは?ということを中心に見ていきます。

 

さらに業務用エアコンの寿命を延ばし、長持ちさせるにはどういった方法があるのかなども紹介していきますので参考にしていただければと思います。

そもそも耐用年数ってなに?

『耐用年数』という言葉を初めて聞く人もいると思います。なんだか難しい言葉に聞こえてしまうと思いますが、意外と単純なことなのです。

 

耐用年数とは、機器や設備といった物の使用可能な期間を見積もった年数のことを指します。このことは税法で定められているので法定耐用年数という言葉で言うこともあります。

 

機械一つ一つの正確な寿命を判断するのは難しいですが、このくらいは保つものであろうと、法で使用できる年数を見積もったもの、これが耐用年数です。

減価償却ってなに?

耐用年数に最も関係しているのがこの『減価償却』です。この言葉もやや難しい響きですが、簡単に説明していきます。

 

時間が経ったり、普段使用していたりすると価値が減少してしまう物を、固定資産として取得した際、その金額の支払いを耐用年数に応じて費用化していく方法のことを減価償却といいます。
空調機をはじめ、企業が購入した備品には経理上、この減価償却税(固定資産税の一種)としての処理を行う必要があります。ちなみに、業務用エアコンのように建物と一体になって機能する建築設備は建物付属設備という資産勘定で仕分けするのが一般的です。
要するに法で耐用年数が10年と定められているものを100万円で購入した場合、100÷10=10で1年あたりの費用を10万円で減価償却費として計上していく、ということになります。

業務用エアコンの耐用年数はどのくらい?

今回の本題「業務用エアコンの耐用年数」に関してですが、そもそも業務用エアコンには様々な種類があることはごぞんじでしょうか。

 

その種類によって耐用年数が変わってくることや、オフィスなどの建物の一部となっているかによって変わってきます。建物の一部というのは、建築や工事の時から設計されているか、ということです。この事をふまえ、種類ごと、設備ごとに耐用年数を見ていきましょう。

業務用エアコンの設備ごとの耐用年数

1、建物附属設備の一部となっている冷房、暖房、通風又はボイラー設備
2、1と同じではあるけれど冷凍機の出力が22キロワット以下の場合
3、器具及び備品に属する家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品

 

以上3つはそれぞれ耐用年数が異なり、1は15年、2は13年、3は6年と定められています。1と2は建物の一部とされていて、3は単純に取り付けられている空調設備と判断されるわけです。

 

業務用エアコンの種類ごとの耐用年数

1、ビルドインタイプ・ダクトタイプ
2、上記の種類の冷房、冷凍機であっても出力が22キロワット以下の場合
3、天井埋め込みタイプ、壁掛けタイプ、床置きタイプ、天吊りタイプ

 

こちらも種類は3つに分かれていて、それぞれ耐用年数が異なります。1は15年、2は13年、3は6年となっています。

 

先程説明したように、建物の一部になっているかが重要です。ビルドインタイプとダクトタイプは、建築の際にダクト配管などを造らなければいけない為、1に該当することになります。

設備状況や種類をきちんと把握しておくことが大事

上記で説明したとおり「業務用エアコン」と一つに括ってあっても種類や設備状況によって耐用年数は異なります

 

新しくオフィスを構える際は、上記3つのうちの1に該当することが多いと思います。ビルや建物の一部を借りて事務所にするなどの場合は3に該当する場合もありますので事前に確認しておきましょう。

耐用年数と寿命の違いとは?

ここまで耐用年数について説明しましたが、寿命とあまり違わないように感じている人もいるのではないでしょうか。しかし、根本的な意味が異なってくるのです。

 

耐用年数は法で定められたその物が保つ期間を見積もった年数のこと、すなわち事前にわかっている年数のことですが、寿命はそのものが壊れたり、機能しなくなった時、後にわかる年数のことです。

 

さらに耐用年数は決められていますが、寿命は伸ばすことが可能です。定期的にメンテナンスを行うことで、耐用年数をさらに伸びる可能性が高くなります。次はどのようなことを気をつければよいのか、なるべく簡潔にわかりやすく紹介していきます。

耐用年数はあくまでも目安として考えましょう

耐用年数は減価償却資産税の計上の際に必要になってくるものではありますが、寿命ではありません。ただ、◯◯であれば◯◯年はもつであろうと物一つ一つに決められています。

 

冷暖房設備であれば耐用年数の15年又は13年、6年くらいの期間は保つであろう、という目安にするようにしましょう。

寿命を伸ばすための秘訣とは?

耐用年数を延ばすことはできませんが寿命は延ばすことができます。どのようなことが寿命に関係しているのか、きちんと把握して徹底するようにしましょう。

定期的な清掃

室内機、室外機どちらにおいても定期的な清掃は寿命を延ばす重要事項と言えます。業務用エアコンとなると家庭用と違い冷暖房能力も高く、構造も複雑ではありますが、フィルターの清掃くらいは専門家でなくてもできますので、まずは目視点検から始めていきましょう。

 

少なくとも1ヶ月に1回は定期的に清掃するように心掛けましょう。清掃をすることで寿命を延ばすことにもつながり、電気代の節約にも貢献してくるのです。

定期的なメンテナンス

清掃とは少し異なるメンテナンス、点検ですが業務用エアコンに関しては一部を除いて義務づけられています。定期的に行うことによって部品の破損や、修理箇所の早期発見にも繋がるので、自身で行える箇所はきちんと点検するように徹底しましょう。修理代を惜しむあまり、メンテナンスを怠ると、耐用年数よりも早く壊れてしまうこともあるので、定期的にチェックしていきましょう。不明点があればメーカーのカスタマーサービスに問い合わせてみるのもいいかもしれません。

あくまでも耐用年数は目安、寿命を延ばす対策を

耐用年数は減価償却費として計上するためには必要なものです。しかし、寿命と同じではありません。寿命を延ばす術はたくさんありますので「耐用年数=寿命」と考えないようにしましょう。

 

業務用エアコンは決して安価なものではありません。清掃や点検を怠っていると早期の故障の原因にもなりかねないので、企業の担当者の方はよりいっそうメンテナンスを徹底するようにしてください。

 

経費削減の為に電気代のことを考慮するのも大事ですが、約15年は保つ寿命を半分にしてしまっては意味がありません。会社の物であっても自分の物のように考え大切に扱うようにしましょう。

4.67/5 (3)

この記事を評価する

  • 業務用エアコンが故障した場合の原因は?チェック項目と応急処置
  • 業務用エアコンを価格と馬力で選ぶ際の注意点とポイント
  • 定期点検が大事!マンションのインターホンの交換方法
  • インターホンの配線工事が必要なケースと交換のタイミング
  • インターホンの価格相場と取り付け費用を安くする秘訣
  • インターホンを新しくしたい!タイプ別種類と取り付け方法について