業務用エアコン修理・交換の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

業務用エアコン修理・交換の無料見積りはコチラ

家庭用エアコンに比べてサイズも大きく、性能も高い業務用エアコン。言葉を聞いただけでどんなものかは何となくイメージできるかもしれませんが、実際の価格の相場を把握している人はどのくらいいるのでしょうか。

 

まず知っておかないといけないことは、業務用エアコンの価格は決して安価ではないということ。つまり相場を把握しておかないと大きな損をするかもしれないのです。

 

会社の中で空調を担当している方は知っておくべき業務用エアコンの相場。この相場は種類によって、馬力によっても異なるので、今現在の価格相場を順にご紹介していきたいと思います。

業務用エアコンの価格相場はどのくらいか

まずは基本的な部分をお伝えしておきますが、業務用エアコンをオフィスに導入する際、「本体価格」と「設置価格」というものが必要になってきます。

 

本体価格の相場は100,000~300,000円と考えておいて問題ありません。後述しますが、種類や馬力によって変わってきますが、そのオフィスの面積などに適したものを選定するようにしましょう。

 

設置価格は、台数や業務用エアコン工事の内容によって異なるので、専門業者に相談が必要になります。見積もりを取り、実際に見に来てもらうなどの打ち合わせをしておくようにしましょう。

業務用エアコンの種類によって変わる価格

業務用エアコンは形の種類によって価格が変わってきます。今回はポピュラーな4つの種類の価格相場を紹介していきますので金額の把握をしておくようにしてください。

天井埋め込み型

みなさんの中でもたくさんの方が見たことがあると思う「天井埋め込み型」業務用エアコン。上に載せた写真のような一番ポピュラーなタイプのものです。

 

その名の通り天井に埋め込むタイプで、部屋を広く感じることができるのでとても人気がある反面、設置価格は一番高額になる可能性があります。

 

シングルで70,000~120,000円、ツインになると200,000円以上してしまう場合がある、と把握しておきましょう。

天井吊型

 画像引用元:エアコン丸

 

先程の埋め込みタイプとは逆に天井から吊るすタイプになるので、でっぱりが目立ってしまうというのがデメリットではありますが、埋め込みタイプよりは少し安価で済むことが多いようです。

 

天井吊型の業務用エアコンはシングルで70,000~100,000円くらいが相場となっています。サイズが大きいものもあるので、そういった場合は150,000円以上が相場となっているようです。

床置型

 画像引用元:FULL道具屋 無限堂 東京

 

この写真のタイプは大きい「床置型」の業務用エアコンになります。大規模の工事がほとんどいらないので、比較的安価に設置することが可能となっています。

 

大きいタイプの床置型業務用エアコンの相場は約150,000円、普通サイズのものであれば約50,000円くらいで設置ができます。

 

小さい事務所などに設置されていることが多い床置型ですが、天井が低くても足元へ冷風を送ることができるだけでなく安価に設置ができるので、コスト面を一番気にしている会社などにはオススメと言えます。

壁掛型

そこまで大きくない事務所などで社員も少なめの会社などに一番オススメなのが「壁掛型」のエアコン。何より手入れが簡単なのが人気の理由とも言えます。

 

設置価格は今回ご紹介した中で一番安価な35,000円程度で設置が可能です。大きめのタイプでも100,000円以内、ツインでも130,000円程度ととても魅力的な価格なのです。

業務用エアコンの「シングル」「ツイン」とかって何?

上記でご紹介してきた業務用エアコンの種類についてですが、途中に「シングル」「ツイン」という言葉が出てきました。このように業務用エアコンにはいくつかの用語があります。

 

単純に天井埋め込み型の業務用エアコンは全て同じ価格ではなく、どういった設置方法かによっても価格は大きく変わってきます。ここではその用語を少しでも理解しておきましょう。

業務用エアコンの設置方法の種類

シングル

室外機、室内機、リモコンが全て1つの一番シンプルなセットのことを言います。

ツイン

ツインの中でも「同時ツイン」と「個別ツイン」があります。前者は室外機が1つ、室内機は2つで1つのリモコンで操作するもの、後者は室外機が1つ、室内機は2つでリモコンも2つあり個別に操作が可能となっているものを言います。

トリプル

シングルからツインを見てもわかるように、室内機だけが増えていきます。「同時トリプル」は室外機1つ、室内機は3つでリモコンは1つ。「個別トリプル」はリモコンが3つあり、それぞれを個別に操作が可能となっています。

ダブルツイン

「同時ダブルツイン」は室外機が1つ、室内機は4つ、リモコンは1つ。「個別ダブルツイン」は室外機が1つ、室内機は4つでリモコンが4つで個別に操作が可能となっています。

設置する場所、環境によって決めましょう

設置方法の種類は意外と簡単なことがわかったと思います。このことを理解しておくと設置の際にとっても役立つので把握しておくようにしましょう。

 

例えば2つの部屋にエアコンを設置したいとき、「同時ツイン」にしてしまうとリモコンは1つになってしまいます。そうなるとリモコンを操作できる部屋にいる人の判断でエアコンの運転・停止をすることになります。

 

とても基本的なことになるのでこういったミスはないとは思いますが、この用語はあくまでも基礎的なことになるのできちんと知っておくようにしましょう。

業務用エアコンは馬力によっても価格が変わる

業務用エアコンの能力の違いを、2.5馬力、5馬力のような表記をすることはご存知かと思います。家庭用エアコンであれば◯畳用とありますが、業務用エアコンは馬力で判断することになります。

 

馬力が大きくなればその分エアコン自体の大きさも変わりますし、設置費用も上がってきます。参考としてですが、1.5~2.5馬力の控えめの業務用エアコンと10馬力のエアコンを比べると、費用は2~3倍くらい変わってきます

 

まずその場所に適した種類を選定、次に設置方法を選定し、最後にどのくらいの馬力の業務用エアコンを設置するかを決めていく、この流れが基本と言えるでしょう。

広さだけで馬力を決めるのは間違い?

馬力の選定で一番の基本となるのが「広さ」ではありますが、『環境状態』をきちんと把握しておくようにしましょう。

 

例えば、飲食店や工場の場合。「熱」がこもりやすいことが考えられるので、一概に広さだけ馬力を選定するのは良くありません。各エアコン業者のホームページに目安として参考例が載っていますので見てみることをオススメします。

 

業務用エアコンの設置を検討している会社はこれから見積もりを出すところも多いでしょう。その際に専門業者へ相談をするようにしましょう。

 

その環境にあった業務用エアコンを設置することでコスト面も大きく変わってきます。設置費用だけでなく、これから掛かる費用にも目を向けるということも大事だと思います。

業務用エアコンは中古で買うのが良い?

業務用エアコンはもちろんリサイクルショップなどでも購入が可能になっています。安価に買えるのでオススメしている記事もありますが、一概には言えない部分もあります。

 

前任者がどういった使い方をしていたか、きちんとメンテナンスをしていたかはとても重要なことと言えます。

 

中古で購入する際にも見ておかないといけない部分は『年式』です。どんなに状態が綺麗であっても年式が10年も前のものであると現行品と機能も違います

 

先程もお話しましたが、先立つお金を考慮することも大事ですが、これから掛かる電気代なども意識することをオススメします。間違った買い物はしないようにしましょう。

価格相場を把握し賢い買い物をしましょう!

今回の記事で業務用エアコンの価格相場が大体理解できたと思います。こういった電化製品はどんどん新しいものが発売されるので相場に変動はあるのですが、現在のもので考えると以上のことを把握しておけば問題ないでしょう。

 

設置の際に気にしておかないといけないことは「広さ」「環境」この2つは重要事項です。その場所に適した業務用エアコンを設置するようにしましょう。

 

会社の担当者の方と言えど業務用エアコンに関しては素人です。専門業者と上手く連携を取り、オフィスの環境をより良い空間にしていってもらえたらと思います。

5/5 (3)

この記事を評価する

  • 業務用エアコンが故障した場合の原因は?チェック項目と応急処置
  • 業務用エアコンを価格と馬力で選ぶ際の注意点とポイント
  • 定期点検が大事!マンションのインターホンの交換方法
  • インターホンの配線工事が必要なケースと交換のタイミング
  • インターホンの価格相場と取り付け費用を安くする秘訣
  • インターホンを新しくしたい!タイプ別種類と取り付け方法について