外壁塗装の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

外壁塗装の無料見積りはコチラ

外壁塗装は見た目の印象を大きく左右する、大切なことです。一般的な戸建住宅の主な外装材の種類は様々ではありますが、その中でも最も多く用いられているのがサイディングではないでしょうか。

 

様々な外壁材がある中でどれを選んだらいいのかわからないことも多いですよね。今回は、そもそも外壁塗装の「サイディング」とはなにか、本来使用されている塗装と何が違うのか、その基礎知識やメリットなどを紹介していきたいと思います。

 

外壁塗装やサイディングについてお考えの方は本記事を是非参考にしてみてくださいね。

「サイディング」ってなに?塗装との違いとは?

サイディングとは

サイディングとは、板状の外装材のことで簡単に言うとパネルを貼り付けるような工法のことです。

 

パネルのデザインも豊富にあり、耐火性や耐久性などに優れたものが多いのが特徴で、素材はセメント系のものをはじめとしてな様々なタイプががあります。

 

一般的な住宅で最も使用されることが多いのは、窯業系サイディングです。窯業系サイディングは、セメントなどを原料とし繊維質原料を足して形成したもので、工期も短くデザインのバリエーションも豊富なことから、窯業系外壁材は現在主流となっています。

 

外壁塗装とは

そもそも外壁塗装とは、塗料を塗ったり吹き付けたりして外壁表面を保護することを言います。

 

基本的に塗料の寿命は10~15年程度のものが多いですが、中にはアクリル塗料のような数年間の短期タイプのものや、20年以上も耐久性のある塗料もあります。

外壁塗装のサイディングの基礎知識を全網羅

塗装は必要か?

太陽の紫外線や雨風など自然環境の刺激を常に受けるため、5年、10年と時が経過していくにつれてサイディングや外壁自体の劣化、施されている塗料の効果切れなどを起こします。

 

ダメージを建物の内部へと浸透させ、寿命を短くさせないために、塗装を施す事が大切です。

サイディングでも外壁塗装が必要

劣化は放置している期間が長くなってしまうと防水力が弱くってなってしまうという特徴があるので、サイディングボードの上から重ねて塗る工程が大切です。

 

塗料の中にはサイディングボードと相性の悪い塗料もあるため、サイディングボードに合う塗料を選ぶ事が大切です。例えば、弾性塗料は、ほかのサイディングボードとくらべると膨れの原因になってしまうのであまり向いていないと言われています。

 

サイディング塗装の知識を持っていると、不調の場合も心配が減るので積極的に情報収集してみてはいかがでしょうか。

サイディングボードと塗料

サイディングでの塗装をすることになったら、サイディングボードと塗料には相性がありますので前もって確認しておくことも大事です。

 

例えば、弾性塗料は伸びたり縮んだりを繰り返し行うことで、ひび割れなどを減少させることができるのですが、熱で膨張する特徴を持つ金属系サイディングの上に塗るとその膨張する性質で、膨れる症状の原因になるので相性は良いとは言えません。

サイディングの費用相場

サイディングの費用相場は、選んだサイディングボードなどの種類や、劣化の状態によっても価格は変わります。一般的な価格の相場は60万円~130万円前後と言われています。

 

サイディングを張り替える場合は、部分的に行う場合もやり方は変わらないため50万~100万という価格になることが多いようです。その場合その一部分のみ綺麗な色になりまだらな状態になってしまいます。全面的に張り替えるという場合は200万以上の高額になります。

 

金属サイディングを貼り付ける方法の場合も、家の形に合わせて加工をすることが大切であり、工期が長く300万前後くらいの価格が掛かってくると予測できます。

サイディングのメリット・デメリットとは?

サイディングのメリット

建物が長持ちする

塗膜がしっかりしている事で雨などが建物の構造内に侵入しにくいので、構造体の腐食を防止してくれます。

経年劣化が少ない

普通の外壁塗装に使われる塗料と比べると、経年劣化が少なく軽度で済むことが多いです。塗膜劣化を放っておくと、サイディングの素材自体が腐食してしまいます。

塗装工事にかかる時間が短い

サイディングボードで塗装されるサイディング壁は、壁の基材部分にボードを貼り付ける方法で行われるので、塗装工事にかかる時間が短いことがあげられます。

デザインが豊富

各メーカーが様々な材料をもとに作成したものを販売しているので、デザインが豊富ですよ。お家のイメージや好みに合わせてデザインなどを選びやすく、今までのイメージとは違うテイストのものにすることもできるというメリットもあります。

品質が安定している

ベテランの技術者でなくても比較的簡単に行え、事前にサイディングボードのデザインも決まっていることから、仕上がりにばらつきなどが少なく品質が安定していると言えます。

サイディングのデメリット

メンテナンス費用がかさみやすい

サイディングの表面は工場で焼き付ける加工が施してあるため、表面塗膜の劣化がしにくいので半永久的に持つと言われてきました。

 

ですが、サイディングもある程度塗装のメンテナンスを行わないと経年劣化によってサイディングの塗膜がダメになってしまう事もあるということがわかってきました。

 

定期的にメンテナンスを行う際、それぞれの劣化に対処していかなければならないため、費用がかさみやすくなってしまう傾向があります。また、外壁塗装を行うことになり、前回と同じサイディング材を使用したいということもあるかもしれません。

 

自宅の購入もしくは前回の工事から10年近く経過しているため、前回使用したサイディング材が廃盤になってしまっている可能性もあります。

耐熱性や防水性が低い

サイディングの中で主流とされている窯業系サイディングは耐熱性や防水性が低いというデメリットもあります。また、経年劣化により塗装がはがれてくると水分を吸収しやすくなってしまいます。

 

また、シーリング材などが痛んでひびが入ってしまっているのに放置している期間が長引いてしまうと、そこから雨水が浸入して状態が悪化してしまうため早めのメンテナンスを行うことが大切と言えます。

費用を抑える方法とは?

簡単にだれでもできる費用を抑える方法は、お家の状態を把握して早めに劣化している部分や状態の悪い部分を見つけることです。耐用年数など、お家の劣化状態を計る期間があると思いますが、それはあくまで目安として頭に入れておきましょう。

 

住み方、築年数、使用した塗料はそれぞれなので、必ずしも耐用年数の期間内だからお家の状態に問題がないというわけではないでしょう。少し早めのメンテナンスや、自分でできるチェックを行うことで、早いタイミングで状態の悪い部分を発見し対応することができます。

 

劣化の進んだ部分を放置し、その修繕に余計な費用をかけるより、早めの対応を心掛けることで早く処置ができ、結果的に費用を抑えることに繋がるのです。

業者選びが大切

業者選びは最終的な外壁工事の仕上がりを左右するとても大切な部分です。依頼者側に知識がない場合は利益を上乗せした高額な費用が請求されてしまったり、費用に見合わない手抜きの工事をされてしまったりしますよ。

 

悪徳業者を避けるためにも、お家の状態の簡単なセルフチェックや、使用する塗料やデザイン、作業の大まかな工程などできる限りご自身でも事前に把握しておきましょう。

 

悪徳業者は、依頼者への対応を見ていると雑なところや対応が親切でない部分が見えていることも多くありますので、一度複数の業者に依頼してみて見積もりが終わるまでの流れをチェックしてから、実際に工事を依頼するところを決めましょう。

 

外壁工事は大きな額のお金のかかる住宅にとっても大切なことです。悪徳業者に騙されないように自分自身でも知識と情報を身につけて妥協せずに、スムーズに外壁工事が進むようにしましょう。

安すぎにも注意

業者の方が工事費用が安い理由を言わない、なぜ安いかがわからない場合は、きちんと費用に見合った内容の工事が行われないことがあります。そういった業者は悪徳業者の可能性も出てきますので注意しておきましょう。

サイディングは種類が豊富で選びやすい

今回は、外壁塗装の方法の一つである「サイディング」とはなにか、本来使用されている塗装と何が違うのかなどを紹介してきました。

 

 

デザインや機能など、どの部分を優先するかで選択するべき塗料やサイディングは変わってくると思います。また、サイディングを使用した場合も、通常の塗料を使用した場合も必ず劣化してきてしまいます。

 

お家の状態のチェックを早めに始めることで、結果的に長くお家に住めるようになりますので、自分でできるチェックやメンテナンスはしっかり行うようにしましょう。

 

サイディングでの施工、外壁塗装などをお考えの方は、是非本記事を参考にしてみてくださいね。

No ratings yet.

この記事を評価する

塗装, 外壁塗装の関連記事
  • 外壁塗装で使われる塗料種類別の費用相場は?塗料の特徴や用途別の選び方について
  • 50坪〜60坪の外壁塗装にかかる費用相場と計算法
  • 40坪の外壁塗装の相場と外壁の劣化によるトラブル
  • 30坪の外壁塗装の目安になる!費用相場と計算方法
  • 20坪の外壁塗装にかかる相場と見積もりのポイント
  • 外壁塗装の塗り替えの時期!避けるべき季節があるというのは本当?