リノベーションの費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

リノベーションの無料見積りはコチラ

古くなった家に改修工事を施して、新築に近い状態にするのが「リノベーション」です。ただし住宅には戸建てやマンションなどのように、いろいろな種類が存在します。

 

その為、それぞれリノベーションの方法や費用が異なります。そこでリノベーションの費用相場を、種類別に紹介してゆきます。

リノベーションのメリット

ここではリノベーションの主なメリットを挙げていきます。まず第1に考えられるのは、中古物件を購入してリノベーションをする場合には、新築の物件を購入するよりも、トータルでは費用が安くなる傾向があることです。その場合には約20から30パーセントも安くなると言われています。

 

もちろん物件により様々ですので、あくまでもこの数字は目安として覚えておきましょう。もうひとつは、購入する中古物件の選択肢が広がるということも考えられます。もしリノベーションをしない場合ならば、物件を選ぶ際に選択肢が限定的になってしまう可能性があります。

 

たとえば、傷みのひどい中古物件だと、購入を躊躇してしまうようなこともあるでしょう。しかしリノベーションをするならば、そのような物件であったとしても、購入に踏み切ることが出来ます。なぜならばリノベーションをする時に、そのような場所をすべて改造してしまえばよいからです。さらにリノベーションをする際の住居設計が、自由に出来ることなどのメリットも挙げられます。

 

自分の考えた通りの設計が、自由にできるというのは大変魅力的なことです。ほかにも空き家などを購入して、リノベーションをして再生させた場合には、その地域の空き家を減らすことに繋がる為、地域住民に喜ばれることなどが考えられます。

リノベーションのデメリット

ではリノベーションのデメリットも見ていきましょう。リノベーションにはどんなに古い物件であったとしても、新築に近い状態に仕上げることが出来ます。しかし築年数が大変経過している物件の場合には、リノベーションを施したとしても、耐久性や耐震性に問題が残るケースもあります。

 

ですからリノベーションをする前に、専門の業者に物件を診断してもらいましょう。そしてリノベーションをした場合には、耐久性などに問題が残るかどうかを判断してもらうことも大事です。
ほかのデメリットは、リノベーション期間中は、そこには住むことはできないので、別の住居に引っ越す必要があるということです。

 

その場合には、引っ越し費用や家賃の支払いなども発生してしまい、費用がかさんでしまいます。リノベーションは基本的に大規模なリフォームですので、そこに住みながらその作業を施すことは難しいのです。そしてリノベーションの費用は、基本的に一般の住宅ローンよりも、高くなる傾向があることも覚えておきましょう。ですからリノベーションする前に、引っ越し費用や仮住まいの費用、リノベーション費用を前もって計算してから行動に移した方が良いでしょう。

戸建てリノベーションの相場

リノベーションの費用相場は、戸建て住宅やマンションではそれぞれ異なります。
では戸建て住宅をフルリノベーションした場合の、費用相場を見ていきましょう。まずはリノベーションの設計費用ですが、約30万~100万円程度を見込んでおいた方が良いです。

 

さらに工事費用が300万~500万円程度かかります。その他の諸費用で、60万~100万円程度くらいの費用が発生します。これを合計すると390万円から700万円になります。それ以外にも引っ越し費用や仮住まい費用、家財などを預ける費用などがありますので注意してください。

 

これらをすべて合計すると、最高で1000万円近くになることもあります。さらにリノベーションの工事内容や、使用する材料によっては、これを上回ることがあることも覚えておきましょう。

戸建てで費用が高くなる場合

リノベーションを施す場合には、築年数に注意を払いましょう。築10年や20年ならばまだしも、築50年や60年以上の年数が経過している「古民家」の場合には、ほとんど一から作り直さなければならない場合があります。そうなるとリノベーション費用が、莫大になってしまうことがあるのです。

 

時には費用が総額で、1000万円や2000万円くらいになる時もあります。さらにこのような古民家の場合には、もう一つ注意点があります。それは昭和56年以前の、旧耐震基準で作られている場合が多いということです。
昭和56年6月1日以降に建てられた物件は、新耐震基準で建てられています。

 

新耐震基準と旧耐震基準はどう違うのかといいますと、主なものとしては旧耐震基準では、震度5程度の地震に耐えられることが基準になっています。それに対して、新耐震基準では、震度6から7程度の大きな地震に遭っても、崩壊や倒壊が起きないような基準で作られているのです。

 

つまり旧耐震基準のもとで作られた物件は、大きな地震が発生した場合に、耐えられない可能性もはらんでいます。ですから倒壊しないような作りにリノベーションするための費用が、莫大に掛かるかもしれないのです。ちなみに耐震補強に必要な金額は、150万円ほどかかると想定しておきましょう。

 

ほかにも長年にわたって、人が住んでいないような空き家を購入して、リノベーションする場合にも費用が高くなる傾向があります。なぜなら人が長年住んでいないような空き家は、内部や外部共に傷んでいるケースが多いです。特に床や水回りの傷みはひどく、その部分のリノベーションで費用が高くなってしまうことは言うまでもありません。

マンションの費用相場

ここまで戸建のリノベーション相場を紹介しましたが、ここではマンションのリノベーション相場を紹介します。
マンションのリノベーションの場合には、いくつかの要素により費用が大きく変わります。それは物件の大きさと、デザインや材質によって変化します。戸建ての場合でもそうですが、材質や設備、デザインなどにこだわると通常に比べ、100万から150万円程度割高になると考えておきましょう。

 

マンションの大きさから費用を判断すると、60平米の広さのリノベーションならば、600万~700万円程度の費用を見込んでおきましょう。80平米ならば900万円前後くらいになります。それに加えデザインなどにこだわると、100万以上多く費用がかかるのです。

 

費用の上がる原因は、キッチンなどの水回りの設備や床材、クロスなどの単価が上がる為です。ですからデザインなどにこだわりすぎると、大きな間取りの場合には、リノベーション費用が、1000万円を超えてしまうこともあります。費用を抑えたい場合には材質や設備、デザインのこだわりはほどほどにしておきましょう。

リノベーション相場は参考程度に

このようにリノベーションの相場をおおまかに紹介しましたが、これはあくまでも相場です。依頼する業者や使用する設備や建材、デザインのこだわりなどによって、費用の相場は大きく変わります。ですから中古の住宅のリノベーションを施すときには、ここで紹介した相場は参考程度で覚えておくようにしましょう。

 

大事なことはリノベーションを施す物件に、マッチした業者をきちんと探すことが大事です。その為にはインターネットなどを使って、リノベーション業者をリサーチして探してみることをお薦めします。この時大事なことは、すぐに業者を決めてしまうのではなく、必ず相見積もりを取るようにしましょう。理由は業者によってリノベーションの金額は大きく変わるからです。見積もりだけなら無料ですので必ず実行しましょう。

5/5 (1)

この記事を評価する

リノベーションの関連記事
  • 気をつけないと高くなりがち!リノベーション費用節約のコツ
  • リノベーションの費用相場を住居の種類別に紹介!