キュービクル設置の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

キュービクル設置の無料見積りはコチラ

キュービクルは消費電力の多い施設で活躍しますが、本体代だけでも高額な費用が発生します。もしも最新の機種ではなくても問題ないということであれば、中古のキュービクルの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

中古なので新品よりも安価な値段で導入できます。

そこで気になるのが、中古のキュービクルを購入しても機能や耐久年数という観点で問題やデメリットはないのか?ということです。この記事では中古でキュービクルを購入する際の注意点をご紹介いたします。

キュービクルが必要な場所

キュービクルは、多くの電力を必要とする施設に設置される、小規模な変圧を行える受電設備のことです。

キュービクルと呼ばれることが多いですが、正式名称は、キュービクル式高圧受電設備といい、文字通り高圧電力を変圧できます。

 

具体的には、配電用変電所から受電した6600ボルトの高圧電力を、100ボルトまたは200ボルトに変圧することが可能です。主にキュービクルを設置する場所は、ホテルや病院、商業施設など人の出入りが多い施設や、多くの電力を必要とする場所です。

 

基本的に、電柱にも柱上変圧器が設けられており、そこで電力を変圧することは可能です。しかし、柱上変圧器で変圧した電気が送られてくるのは、一般家庭やオフィスなどです。大型商業施設やビルなどの多くの電気が必要とする施設の場合には、柱上変圧器で変圧するのではなく、キュービクルで変圧する必要があります。

 

なぜ変圧が必要なのかと言うと、電力会社との契約が関係しています。電気を利用する際の契約には2種類あり、「低圧電力契約」と「高圧電力契約」があります。

この2つの契約の違いは50キロワットより大きいか小さいかの差です。低圧電力契約は50キロワット未満の電力を使用する際に必要となり、高圧電力契約は50キロワット以上の電力を使用する際に必要です。

 

一般家庭やオフィスなどは、低圧電力契約を結び、柱上変圧器で変圧して電気が送られてきます。しかし、高圧電力契約を結んでいる場合には、6600ボルトの電圧をそのまま施設内に引き込むため、キュービクルを使い変圧をする必要があるのです。

 

キュービクルは、どこでも自由に設置できるわけではなく、保安規定の制定と届出、さらに「電気主任技術者」の選任と届出が必要です。

キュービクルを設置する利点

キュービクルを設置することの利点はいくつかありますが、一番の利点は電気代を抑えられることです。

低圧電力は、先ほどの説明にもあった通り、柱上変圧器で変圧されて一般家庭やオフィスなどに送られてきます。人によっては、低圧電力の電気代が安く設定されているのではないかと勘違いしてしまう人もいますが、一度電力会社の変圧器で変圧をしているため、料金が割高に設定されていることが多いのです。

 

しかし、高圧電力契約を結び、キュービクルを導入していれば、柱上変圧器を使用せず、そのまま電力を引き込むことができるため料金が割安に設定されているのです。

 

次に、自社で管理できるということもメリットの1つです。例えば、停電になった際に、電力会社で変圧された電気を使用していた場合には、変圧器などが修復するのを待っている必要があります。しかし、キュービクルを導入していれば、何か不具合が発生した際に、自社で素早く対応できます。

 

また、キュービクルは1ヶ所にあり、箱の中に機器類がほとんど格納されているため、メンテナンスや点検がしやすいこともメリットです。キュービクルは、設置費用や保守点検費用などはかかりますが、電気代など長期的に考えるとお得になる場合があります。

キュービクルの耐用年数とは

キュービクルの内部には、変圧器やヒューズ、コンデンサ、高圧遮断器、断路器などさまざまな機器が格納されており、その機器ごとに耐用年数が異なるため、キュービクル全体での耐用年数を測ることは実は難しいのです。

 

ではどのようにキュービクルの耐用年数を計算すれば良いのでしょうか?
目安としては下記を参考に20年前後と考えれば良いです。
・変圧器なら法定耐用年数15年で実用耐用年数の目安は20~25年
・コンデンサなら法定耐用年数は15年で実用耐用年数の目安は15~20年
・高圧遮断器なら法定耐用年数15年で実用耐用年数の目安は20年

 

キュービクルは実用耐用年数に比べ、法定耐用年数が短めに設定されていまが、その理由は、キュービクルが減価償却をともなう償却資産の対象となるからです。
ちなみに法定耐用年数とは、機器の交換時期を示す年数のことで、耐用年数には法定耐用年数と実用耐用年数があります。

再生キュービクルとは

再生キュービクルとは、中古キュービクルの良質なパーツを厳選して機器や配線を組み、要望通りに仕立て直すキュービクルのことです。

通常、新品のキュービクルは、数百万円の費用がかかってしまうことに対し、再生キュービクルはその半額程で導入することが可能なのです。再生キュービクルだからといって品質が落ちるわけではなく、良質なパーツを厳選して取り付けているため、高品質かつ低価格で導入できるのです。

 

再生キュービクルができるまでの流れとしては、まずは使用目的や希望の仕様を受注者に確認します。そして、外形図や基礎寸法など、要望に添って図面を作成し受注者に確認を摂ります。そうすることで、完成したキュービクルをイメージしやすくなり、要望と完成品とのギャップを防ぐことができるのです。

 

その後、中古キュービクルを選抜し、良質なキュービクルを解体して、外箱の塗装や点検などのメンテナンス後に高圧機器や低圧機器、トランスなどの機器類を組み立てます。組み立てが終わると配線作業を行います。このときに許容電流に余裕を持たせていないケーブルを使用してしまうと、焼損事故につながってしまうため、慎重に行います。

配線が完了したら、正しく配線されているかを確認しながら増し締めを行います。

この時に、作業担当者とは別の技術者も一緒にダブルチェックを行うため、正確で安全なキュービクルを仕上げることができるのです。最後に清掃や試験運転を行い、不具合がないかを丁寧に確認して再生キュービクルが出来上がります。

中古のキュービクルの価格相場

中古でキュービクル購入する場合の予算感は新品の半額程度が相場です。

しかし、キュービクルの大きさや状態によって価格が変動する場合もあるので注意が必要です。中古キュービクルを購入するためには、直接業者に依頼するという方法もありますが、オークションなどで出品されている場合もあります。オークションなどであれば、比較的手続きも簡単に済み、費用が安い場合も考えられます。

 

オークションやインターネットで販売されている中古キュービクルは、メンテナンスされているものも多いです。しかし、インターネット上で取引が完了し、実物を確認することはできないため、耐用年数も考えて慎重に購入することが必要になってきます。

 

ですので、中古のキュービクルをインターネットで購入する場合には、専門家に先方と品質に関する質疑や画像で状態を確認してもらうか、販売先がキュービクルの販売実績がある、きちんとした業者からのみ購入するようにして、できるだけリスクを減らすことをおすすめします。

 

また、キュービクルを設置する際の費用相場は、200万円から600万円程度ですが、この値段にはキュービクル本体の価格は含まれていないため注意が必要です。
具体的には下記の様に考えると参考になるかと思います。
・コンビニや小規模工場など、100キロワットの電力消費量の場合は200万円前後
・スーパーや中規模工場など、300キロワットの電力消費量の場合は300万円前後
・大規模な工場や病院など、500キロワットの電力消費量の場合は600万円前後

ただし、設置する場所や環境によって費用が変動することもあります。そのため、設置費用の相場はあくまでも参考程度に捉え、気になる場合には直接業者に問い合わせてみることをおすすめします。

まずは見積もりで検討する

キュービクルの設置費用は、それぞれの条件や規模によって変わってしまうため、金額の見積もりを自分だけで想定するのは難しい商材になっています。

ですので、やはり新品を購入するとしても中古を購入するとしても、業者に見積もり依頼を行うのが一番分かりやすく安心できると思います。

No ratings yet.

この記事を評価する

  • キュービクルの増設工事の方法と設置工事の流れ
  • キュービクルを中古で購入・設置する場合の注意点の価格相場
  • キュービクルの設置方法と電気設備に必要な基礎知識
  • キュービクルはリースがお得?価格やメリット、注意点などをご紹介!
  • キュービクルの心臓ともいえるトランスとは?仕組みや働き、使用時の注意点なども紹介!
  • キュービクルの容量はどうやって決めれば良いの?容量の計算法なども紹介!