キュービクル設置の費用見積ができます!

Respromはリフォームの見積もりが無料で行えるサイトです。全国の信頼できる施工・加盟店をご紹介します。

キュービクル設置の無料見積りはコチラ

ポリ塩化ビフェニル化合物一般の人で、この物質名を知っている人はあまりいないかもしれません。しかし略称では良く知られたPCBと呼ばれ、キュービクルを作る時によく使われていました。

 

詳しくは後述しますが、PCBは有害な物質なので今では製造されていません。その名を知られたハウスダストのように、昔は広く使われていたけれども今では製造されていないものの、実際にはいまだに使用されている所も多くあります。

 

一般の人は通常では取り扱うことはありませんが、有害物質についてしっかりと知識を持っていることは大切です。そこで、今回は昔のキュービクルで使用されていたPCB(ポリ塩化ビニフェル化合物)はどういった物質で、どのように取り扱うべきなのかなど紹介していきます。

PCBの基礎知識


まず、PCBの基礎的な知識として詳しく紹介していきます。PCBの正式名称は、ポリ塩化ビフェニル化合物と呼ばれ、人工的に作られた油状の化学物質になります。

PCBの特徴

特徴としては以下の点が挙げられます。

 

・水に溶けにい
・沸点が高い
・熱で分解しにくい
・不燃性
・電気絶縁性が高い

 

このような性質から、昔から電気機器の絶縁油や熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙といった様々な用途で日本で利用されていました。

 

具体的にPCBが使われていた主な製品としては以下の物があります。

 

・ビル、病院、鉄道車両、船舶等の変圧器
・蛍光灯
・白黒テレビ
・電子レンジ
・集中暖房、パネルヒーター
・潤滑油、高温用潤滑油、油圧オイル、真空ポンプ油、切削油
・電線の被覆・絶縁テープ
・ニス、ワックス・アスファルトに混合
・塗料、印刷インキ
・陶器ガラス器の彩色、農薬の効力延長剤

 

これらを見ると、一般家庭をはじめ職場、多くの施設など日本中のあらゆる場所でPCBが使われているのが分かると思います。

PCBの毒性

非常に有能な化学物質として幅広く使用されていたPCBですが、実は有毒性があると分かり、1970年頃に製造や輸出入が禁止になりました。

 

有毒性があると判明した経緯としては、1968年に食用油の製造過程で、熱媒体として使用されたPCBが混入したカネミ油症事件があります。

 

西日本のエリアを中心に、PCBが混入した食用油を口にした人が吹出物、色素沈着、目やになどの皮膚症状のほか、全身倦怠感、しびれ感、食欲不振などの症状を訴えPCBの有毒性が判明しました。

 

これを機に、1972年にPCBの製造が中止されて使用も出来なくなりました。しかし、PCBの製造や使用が中止されるまでに多くの製品が日本中で使用されているため廃棄に向けた対策は現在も進められています。

 

平成13年6月22日には、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」、いわゆるPCB特措法が公布され、同年7月15日から施行されました。

 

それによって、最終的には平成35年3月31日までに廃棄処理を目指して進められています。

PCBを含んでいた場合の処理方法や見分け方は?


次に、PCBを含む製品があった場合はどのように処理を進めていけば良いか、また、見分け方はあるのかなどを紹介していきます。

PCB使用製品の処理方法

PCBはキュービクルで多く使われていたため、製造や使用が禁止されてからも数多く残ってしまっているのが現状です。

 

1972年以降は、寿命による交換時にPCBが使われていないキュービクルへと順次交換が進んでいますが、いまだに使用され続けているキュービクルがある可能性もあります。

高濃度PCBと低濃度PCB

キュービクル以外の製品も含めたPCB使用製品は、高濃度と低濃度の2種類に分類されます。

高濃度と低濃度の製品によって、処理方法や管理方法も変わってくるため製品をしっかりと確認することが大切になってきます。

 

高濃度PCB廃棄物は、PCB濃度が0.5%(=5000ppm)を超えるものを言います。高濃度の電気機器としては、高圧変圧器や高圧コンデンサー、安定器があります。

 

これらの機器を処理したい場合、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)と呼ばれる施設での処理が必要になります。

 

そのためには、処理申請や製品の処理までを管理者側とJESCO側で責任を持って行うことが必要です。地域ごとに処分できる期間が決まっているため、詳しくはJESCOへ問い合わせて相談すると良いでしょう。

 

また、低濃度の製品を処理する場合は、国や都道府県が認めた無害化処理認定施設、またはPCBに関する特別管理産業廃棄物処理の許可施設にて処理を行っていくことになります。

 

その場合も、同様に必要な書類を提出して計画的に処理を進めていきます。

PCB使用製品の見分け方

キュービクルなどの様々な製品にPCBが含まているかどうか、どのように判断するのかは難しい場合もあります。

 

しかし、PCBが含まれているかどうかについて、いくつかのポイントで確認していきます。

製造年(高濃度製品の場合)

高濃度のPCBが含まれたキュービクルやその他の製品かどうかは、製造年を見るのが最も良いと言えます。

 

高濃度の場合、1953年から1972年に国内で製造された製品には、絶縁油にPCBが使用されている製品が多くある可能性が高くなります。

 

製品に取り付けられた銘板を見ることで、製造年を確認できます。

製造年(低濃度製品の場合)

低濃度の製品の場合も製造年を見ることで判別は可能ですが、製品によってかなりの差があるので一概には正確な判断は難しいかもしれません。

 

ただし、大まかには国内メーカーが1990年頃までに製造した電気機器には、PCBが低濃度で含まれている可能性があります。

 

また、絶縁油の入替ができないコンデンサーに関しては、1991年以降に製造されたものはPCBが含まれている可能性はないと言われています。

 

さらに、変圧器といった絶縁油に係るメンテナンスを行うことができる電気機器では、1994年以降に出荷された機器であれば可能性は低くなります。

 

つまり、キュービクルの中でも部品によってPCBが含まれているか否かの判断基準は変わってきます。

判断が難しい場合は、製造メーカーに問い合わせて専門の人に確認してもらうのが最も確実といえるでしょう。

保管している使用済みキュービクルなど

使用中のキュービクルだけでなく、使用済みで保管されているキュービクルなどがある場合もすみやかに適切な処理が必要になってきます。

 

特に使用済みの場合は、劣化や腐食によるPCBの漏れや汚染の可能性が考えられます。そのため、可能な限り早急な処理を行うことが望ましいのです。

PCBを含むキュービクルは今でも使われている?


PCBの製造が中止されてから40年以上経ちましたが、いまでも使用されている可能性はあるのでしょうか。

キュービクルの寿命

キュービクルの寿命は、部品によっても変わってきますが20年前後と言われています。ただし、キュービクルの設置場所や管理状況によって長く使われている場合も可能性として考えられます。

 

製造中止ギリギリに販売されて、設置されたキュービクルであれば今でも使われている可能性を否定できません。

PCBが含まれていた場合

使用しているキュービクルにPCBが含まれていることが分かった場合、それぞれどうすれば良いかが変わってきます。

高濃度の場合

設置しているキュービクルに高濃度のPCBが含まれていた場合は、電気事業法に基づいて産業保安監督部などにPCB含有電気工作物の設置等届出を行う必要があります。

 

また、届け出などの書類は毎年提出しなければならず、設置場所ごとに決められた処分期間内に廃止し、PCB含有電気工作物の廃止届を行います。

 

可能な限り、早急に使用を中止したうえで適切に廃棄処理を行うことが推奨されているため、管理者などと相談して計画を立てていく必要があります。

低濃度の場合

PCBが低濃度含まれていた場合には、課電自然循環洗浄を行うことで継続して使用できる場合があります。

 

それ以外の場合には、廃棄処理に向けて計画などの書類を申請していくことも必要です。低濃度の場合は、PCBを無害化することによって使用できるので、製造メーカーや管理者で相談しながら対応を進めていくのが良いでしょう。

適切に廃棄処理を

PCBが低濃度の場合には、必要な無害化処理をすることによって使用の継続が可能にはなります。しかし、それ以外の場合や高濃度含まれている場合には、早急な廃棄処理が必要になります。

 

廃棄処理には期間が定められており、西日本から行われ、最終的には北海道で平成35年までに処理期間が終了してしまいます。

 

施設、キュービクルを管理する会社によって予算などの課題もあるかもしれませんが、国や自治体による補助金制度もあるので、問い合わせて相談しながら迅速に進めていくと良いでしょう。

 

特に、使用済みのキュービクルを保管している場合には、PCB汚染の可能性があるので廃棄処理申請を行わなければなりません。

 

先ずは安全第一でキュービクルの管理や廃棄処理を行っていく義務が管理会社にはあります、適切な対応のためにもしっかりと情報収集していくことが大切です。

5/5 (1)

この記事を評価する

  • キュービクルの増設工事の方法と設置工事の流れ
  • キュービクルを中古で購入・設置する場合の注意点の価格相場
  • キュービクルの設置方法と電気設備に必要な基礎知識
  • キュービクルはリースがお得?価格やメリット、注意点などをご紹介!
  • キュービクルの心臓ともいえるトランスとは?仕組みや働き、使用時の注意点なども紹介!
  • キュービクルの容量はどうやって決めれば良いの?容量の計算法なども紹介!